【airVR】防水&軽量 浮き輪のようなビニール製VRゴーグル!

TGS2016で見つけた僕が気になったブースを4記事連続で紹介しております。

今まではこんな感じ↓

  1. 【UnlimitedHand】腕に巻く触感コントローラーッ!(第一回)
  2. 【3D Rudder】両手が不自由でも使えるVR移動用コントローラーッ!!(第二回)
  3. 【弾性体の接触シミュレーション】ゴムみたいなグニグニ感を楽しんできたッ!!!(第三回)

で、この記事で4回目なのでいよいよラスト!

最後に紹介するのは「脳波VR」のブースで使用されていた「air VR」というスマホ用VRゴーグルです。

今まで見た事のない「空気を入れて使う空気ビニール製のスマホ用VRゴーグル」で珍しいなぁと思ったので紹介します。

※紹介するのは脳波VRで使ってたヘッドセットで、脳波VRそれ自体については一切触れません。あらかじめご了承下さい。

スポンサーリンク







世界初の空気ビニール製VRヘッドセット「air VR」

air VR

「air VR」 浮き輪の空気入れのようなものがある(左)

air VRは浮き輪の様な見た目の空気ビニール製のスマホ用VRゴーグルです。

見た目は若干安っぽく見えなくもないですが、他のゴーグル達と比べたら圧倒的に軽量で、空気を抜けば非常にコンパクトに持ち運びが出来る。

実際にair VR持たせてもらったけど、ほとんどスマホとレンズの重さくらいのもんで、めちゃくちゃ軽かったよ。

レンズ部分はWearality※と呼ばれる高視野角VRレンズを使用してて、視野角はなんと150°あるそうです(人間の視野角はおよそ120~160°なのでほぼカバーしてる)。

※Wearalityとは米国ロッキード・マーチン社f戦闘機のコックピット向けに開発された軍事用VR/AR技術を応用したVRレンズで、その開発チームが設立した企業。

Wearality

メガネのような見た目の視野角150°のWearality

防水機能ばっちり

img_2825

空気ビニール製なので防水性能がかなり高めです。

使用するスマホがiPhone7、Galaxy S7 edgeといった防水機能付きスマホなら、水場でも無敵です。

僕の夢だったお風呂場でVRなんて事も実現できそう。

水の浮力でぷかぷかと浮きながら味わうVR

やってみたい←

ただ、スマホ自体あまり高温多湿な場所に置いておくのはよろしくないので、防水だとしてもやらない方が良いと思いますけどね。数分でスマホが熱暴走するのがオチかなw

僕はお風呂でよくうたた寝をしちゃうんだけど、airVRを付けた状態であれば、たとえ眠ってしまったとしてもair VRが浮き輪代わりになるので安心だよね!

鼻と口部分は水中なので、多分死にます。やめましょう。

耐久性はやや劣る!?

img_2825

衝撃とか圧力には多少耐えられるかもしれないけど、刺突系の攻撃にはめっぽう弱そうですね。ビニール製だからね。防御力はそんなに高くないのは仕方ないです。

ただ、結構強めに指(爪2指8くらいの部分)をグググーって押し付けてみたけど、全然壊れないんで、思ってるより強度ありました。たぶん爪で軽くひっかいたくらいなら全然大丈夫

勿論壊そうと思えば誰でも壊せる強度だけど、個人的な感想としては300円の浮き輪のビニールというよりはエアーベッドとかで使われてるようなしっかりめのビニールって感じだったので耐久力もぼちぼちありそうな気がしますね。

ただ、刃物とか尖ったものは絶対避けないとダメ。一発KOだヨ

最後に

air VRは初めて見るタイプのヘッドセットだったので新鮮でした。

まだ販売などはされていないようですが、販売開始したら買ってみようかなぁと思ってます。

どうせビニール製ならスマホの裏部分に水の補給口みたいなものを取り付けて、水冷式スマホVRヘッドセットにしたら熱暴走対策になるなぁと思ったよ。

 

「水冷式ビニール製VRスマホVRヘッドセット」

製品化希望!メーカーさん、作ったら連絡下さい。売りますw

スポンサーリンク