Amazonの売上が100万円を超えたのでVR関連の売れ筋商品を晒していく

広告のクリック率はめちゃくちゃ悪いけど、Amazonで紹介した商品は結構売れていたりします。大手と比べたら微々たるものかもしれませんがVR関連のみで売上が100万円を突破しましたので、実際に当メディアで売れている商品を紹介していきます。

ちなみに、当メディアの主な読者の年齢層は10代~30代、性別は圧倒的に男性です(85%)。僕と同じようにメディアの運営とかマーケティングしてる人は参考にしてみて下さい(参考になるかはわからんけど)。

スポンサーリンク







①VRヘッドセット関連

Tepoinn(テポインー)3D VR ゴーグル

コレ、とにかく売れてます。圧倒的です。メディアで紹介した事は一回もないんだけど、リンク経由で購入している人がめちゃくちゃいる。なぜかって?『3Dメガネ』『VRゴーグル』でAmazonでベストセラー一位になっているからです。ランキング一位の力ってすごいよね本当。

ハコスコ、グーグルカードボード

簡易VRビューワの草分け的存在「ハコスコ」。1000円台という手頃な値段から本当によく売れています。ありがたやー。1眼タイプよりも2眼タイプの方が圧倒的に売れており(2:8くらい)、数で言えば一番売れてます。

ちょっぴり豪華なハコスコDXもちょくちょくでてるかな。

ほぼ全てこのページ経由からの購入に至っているようです。ありがたやー。

Gear VR

スマホVRと言えば『Gear VR』、すでに100万台以上売り上げたそうですから凄いですよね。Galaxyとセットで買う人も多くいるので、Galaxyユーザーではない人が買ってるんでしょうね。

力を入れてGear VRの記事を色々書いた割にはアクセスが他のビッグメディアに持っていかれて残念な結果に。コンバージョン率自体は結構高めなので改善したいなぁ。

②雑誌、電子書籍関連

VR FREEK

日本国内初のVR専門雑誌VRFREEK。当メディアでも何度か紹介して、一時期Google検索で1位表示だったので結構売れてました。今は順位が落ちていますがコンスタントに売れています。

やはり検索上位=強さなんでしょうね。

VRビジネスの衝撃

VRがどういうもので、今何が起きているのかを丁寧に且つわかりやすーーーーく解説してある良書。非技術者向けのビジネス書という感じでこれは是非読んでもらいたい。

当メディアでは紹介した事ないんだけど、Twitterで読み終わったときなんのけなしに紹介したら結構売れた。今度ちゃんとレビュー書いてみようかしら。

ちなみに著者の新清士さんのTwitterは勉強になるし、プロフィール画像の優しそうなアルカイックスマイル顔が素敵なのでフォローする事をお勧めする。

VRを題材にしたラノベ

当メディアで書いた「SAOみたいなVRMMORPG系のおすすめラノベ、小説33作品!」から売れています。アニメ、ラノベ関連はインターネットではあまり売れないみたいな事を聞いた事があったのですが、ウチに限って言えばあまり関係ないようです。

個人的にはゲームウォーズとか薦めているんだけどそちらは全く売れずwやっぱ個別記事よりまとめてあった方がいいのかな。

その他

BlueTooth スマホ用リモコン

スマホVRの場合milboxとかでない限り,スマホを操作するためにリモコンが必要です。接続の必要のないBlueToothのリモコンは特にめちゃくちゃ売れます。

しかもこの商品は定価4980円が425円となって発売されているので飛ぶように売れています。しかし、安すぎて売れても全然収益になりません笑

100個売って1000円とかにしかならないっていうね。

ニンジャマスク

VRヘッドセットを装着する際に使うマスクです。これも結構売れてるんですが、執筆現在在庫切れのようです。衛生面の配慮について僕は何度も何度も書いてきたので個人的にめちゃくちゃ普及してほしい商品。

もっと売れろー、もっと売れろー

最後に

こんな感じですかね、個人的には当メディアで特別ディスカウントを実施しているSmart Tapとかオススメなんですけど、ページの露出やランキング、そして結局の所Google検索による所が大きいようですね。

今回のデータを元にすれば売り上げとかももっと増やせそうだなと感じています。というか広告はほとんどクリックされないのでこういう所で取っていかないと稼げないんでもっと工夫しないといけませんね。

広告はなるべく少なくして、広告に依存せずにメディア運営していけるように努力しまっす。ほなね。

スポンサーリンク