電撃祭2016初参戦!SAO新作情報(映画,ゲーム,IBM)レポート!

天気はあいにくの曇り!秋葉原の電撃祭2016に初参戦してきました!

dengekisai 2016

初めて秋葉原のアニメ、ゲーム系イベントに参加したのですが、いやぁ、人の多さに圧倒されっぱなしでした。オタクはもはや日本の伝統文化なのですね。海外の人もちらほらいましたよね。

電撃祭 SAO

さて今回の記事はUDXにて発表されたソードアートオンライン(SAO)の新作情報を皆さまにお届けしたいと思います。

 

記事を作成するにあたって実際にSAOのステージに参加し情報を事細かに提供してくれた@Lisbeth_0827さん、感謝感激です!

スポンサーリンク

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

オーディナル・スケール

まずは2017年公開予定の新作映画『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』についてです。

 

キリトがつけているのはオグマーという新たなウェアラブル端末で、VRMMO(仮装現実大規模オンラインゲーム)からARMMO(拡張現実大規模オンラインゲーム)に舞台を移します。

 

ゲーム名は「オーディナル・スケール」≪オーグマー≫専用ARMMORPG。現実世界をフィールドとして、アイテム収集やモンスター討伐と経てプレイヤーのランクを上げていくシステム。

 

プレイヤー全員にランキングがふりわけられており、プレイヤーのステータスもこのランクによって決まり(上位ほど圧倒的な力を持つ)、プレイヤー同士の戦いにおいてランクの高さが勝敗を分ける大きな要素となる

 

3/26,27日に開催されるAnimeJapan2016で限定B2ポスター付きの前売り券が通常1800円のところ1500円で販売されるとの事なので、そちらもお忘れなきよう。

ランク=レベルみたいなものだけど、SAOのレベルのような絶対評価ではなく、OS(オーディナルスケール)はプレイヤーの強さは相対評価になるわけですね。面白そう。シリカの出番もあるそうです(笑)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―

続いて、2016年秋発売予定のPS4/PS Vita専用ソフト『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』についてです。

 

ゲームオリジナルキャラの『プレミア』は最初記憶喪失として登場するNPCなのですが、NPCとしての設定が皆無という謎の状態。ユイのようなシステム側の存在なのか、それとも…

 

キリト以外の黒の剣士が存在しているという情報も気になるところですが、やはりプレミアの謎作品の鍵になりそうですね。

 

ソードアート・オンライン ザ・ビギニング

SAO The beginning

最後は10万件以上の応募があったというIBM協賛のソードアートオンラインザビギニングについての情報です。

参考記事:IBM協賛でSAOのαテスター募集!『ベータ…アルファーやん!』

 

なんと!今回のゲームはナーヴギアのような機械を被って実際に身体を動かしてプレイする内容のようです!

 

HTC Viveの様にルームスケールで動くものなのか、Omniのようなセットを使用するのかは謎ですが、これはテンションあがりますよねーw

 

ゲームは、はじまりの街とその周辺を冒険できるらしい、との事。

 

あのボスモンスターも登場する?との事ですが、やはり第一層のボス『イルファング ザ コボルトロード』の事でしょうかねぇーwアルファ―の方は是非ディアベルという名前でプレイして頂きたい。

おまけ


ベルサール秋葉原では『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』PS4版の試遊コーナーが設けてありました。

sao  試遊

(画像モザイクは編集によるもの)

ゲームをプレイすると特典として限定クリアファイルがもらえるという事でしたが、待ち時間が長すぎて断念しましたw

sao ps4

160分ってどゆ事!?と目を疑いましたね。クリアファイルゲットしてイベント参加できなかった人にプレゼントしたかったけど、寒いしそんなに待てんかった!イベント舐めてた!ごめん!


スポンサーリンク