『HMD』『VRヘッドセット』『VRゴーグル』『VRビューワー』の違いって何?と聞かれたら

VR体験するために着用するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)はメディアによって様々な呼称があります。『VRヘッドセット』と表記するところもあれば『VRゴーグル』『VRビューワー』と表現することもあります。

 

『そんなん別にどうでもいいよ』と思う方もいますが、文字書きからするとメディアによって呼称がバラバラなのはなんとも気になる点でございまして(あおぞらVRの過去記事でもそうですが笑)。

 

『そのデバイスにその呼び方は間違ってる』とは言いませんが、現在あまりに色々な呼び方があるので、ここらへんで一度呼び方を整理をして統一しておいた方がいいと思いましたので書きました。ご覧あれ。

スポンサーリンク







HMD(ヘッドマウントディスプレイ)

psvr

HMDとはhead mounted displayの略でHead()にMounted(乗ってる)Display(画面)という意味の英単語です。つまり、頭部に取り付けるタイプのものはHMDという事になります。

 

その中でもHMDは頭部を覆う面積が一番多い印象を受けます。イメージとしては頭を覆う大きめのデバイスという感じですかね。

 

該当デバイス:『PlayStation VR』『Oculus Rift』『HTC Vive』など

VRヘッドセット

FOVE 美女

VRヘッドセットはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と同じと考えていいでしょう。言葉の意味もほとんど同じですし差異はなさそうです。

 

という事でVRヘッドセット=HMDという認識で大丈夫です。

 

該当デバイス:HMDと同じ

VRゴーグル

gear vr

VRゴーグルは上記のHMDやVRヘッドセットと比べて、メガネ、水中ゴーグルのような形状のものを指します。HMDと比べてやや顔を覆う面積部分が少なめです。

 

HTC VIVEやOculus Riftも場合によってはVRゴーグルと表記される事もありますが、Gear VRのようにスマホを装着して頭につけるものはVRゴーグル感が強いですね。

 

ぶっちゃけメガネとか水中ゴーグルっぽく見えたのならVRゴーグルと呼んでも問題ない(と思う)。

 

該当デバイス:『Gear VR』など

VRビューワー

Google Cardboard I/O 2015(グーグル・カードボード)

VRビューワーは直訳すると『VRを見るためのもの』という意味です。まぁでも、それだとすべてのデバイスがVRビューワという事になってしまうのでグループ分けをすると、

VRビューワーとは他の呼称と違い、デバイスをのぞき込む事でVRを視聴する簡易的なデバイスとなります。

顔に装着、固定しないタイプのものであれば『VRビューワー』と呼びましょう。

該当デバイス:『Google Cardboard』『ハコスコ』『milbox touch』など

まとめ


 

簡単に言うと、どのくらいデバイスが頭部を覆っているかがポイントでしょうか。その場合、

 

HMD=VRヘッドセット>VRゴーグル>VRビューワー

 

みたいな感じですかね。今回紹介したのはあくまで個人的なイメージを含めた見解だから、『これはこう呼ばなきゃいけない』という事はないけど、面倒くさいし、呼び方とか一個にまとめたいよね。

 

どっかの影響力のある人が『VRを見るための機械は○○と呼ぶことにする!』とか宣言してくれたら楽なんだけどなぁ。

 

とにかく現段階では上記の表記方法でVRの種類を区別して記事を書いていきますので、よろしくお願いします。


スポンサードリンク