横浜のDMMVRシアターのホログラフィック公演は『AR』ではないのか?という疑問

期間限定!【VR】表記商品2,500円以上購入でPSVR、Gear VRが10名ずつに当たる!

2015年9月に横浜にオープンされた3DCGホログラフィック専用エンタテイメント常設劇場『DMM VR Theater』をご存じでしょうか?従来の劇場とは違い、生身の人間は舞台に(原則)登場せずホログラフィックによる3DCG映像を鑑賞するというなんとも近未来感漂う劇場であります。

 

 

ホログラム投影では『DMMVRシアター』じゃなくて『DMMARシアター』では?

 

と思った人がいたのなら、僕が出した結論を召し上がってみてくださいな。

スポンサーリンク







DMM VR Theaterとは

DMMVRtheater

横浜駅から徒歩5分程度の場所に2015年9月にオープンした『DMMVRシアター』。昨年はX Japan hideのホログラフィック公演を行ったことで大きな話題となり、本日のプレスリリースでも梨の妖精、ふなっしーの長編舞台も発表されました。

ペッパーズゴースト

DMMVRシアターの特徴はなんといっても全編CGによるライブ公演です。劇場にキャラクターが存在するように見える理由は床面から映像を照射し上部に設置したハーフミラー性能のスクリーンに投影させるペッパーズゴーストの原理を利用しているからです。

 

え?どゆ事?って思う人は初音ミクのハコビジョンのデカい&すごいバージョンみたいなもの、と考えておけばいいかと思います。

CGを使った公演は表現方法に縛られないだけでなく、海外でも人気のあるアニメ作品が多い日本のコンテンツと非常に相性が良い為、今後海外(特にアジア)に向けて事業を拡大させていく予定との事。

 

僕も以前横浜近くに住んでいたのですが、実際に公演を観に行った多くの人が大絶賛していました。さて、続いてVRとARの違いについてです。

VRとARの違い

diva_dt_live_uraomote03

VRの言葉の定義としては『VRとは仮想現実の事で、コンピュータなどで作り出されたサイバースペースをあたかも現実のように体験する技術の事』となっています。イスに座っているだけなのに自分がジェットコースターに乗っている気分を味わえたり、空を飛ぶ体験ができるのがVRです。

 

仮想現実の『仮想』というのは実際には誤りですが、とにかく、『実在しないものがあたかもそこに実在するものとして認識し体験』する事がVRの技術といえます。

 

反対に、ARは『ARとは人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、拡張現実(Augumented Reality)の事』です。

 

DMMVRシアターの公演はホログラムによる公演なので、技術自体はARに近い技術といえるかもしれません。

 

しかし、僕が思うVRとARの大きな違いは『没入感』『実在感』だと思います

DMM VR Theaterが提供する没入感、実在感

ペッパーズゴースト

去年のhideのコンサートに行った人たちの意見で一番多かったのが『hideがそこにいたような気がした』というものです。それは『hideが生きていた』という現在に実在しない世界を体験していたという事実はVRの定義に当てはまります。

 

過去の人気歌手がスクリーンに表示されただけでは、人はそれを現実とは知覚しませんし、現実にホログラムが表示されるだけならそれはARの範疇から出る事はないでしょう。

 

DMM VRシアターは世界最高峰の3DCG技術に音響や照明の効果を組み合わせ、違和感のない立体映像を映し出し、縦2.7メートル横7.2メートルの超巨大スクリーンを使用して現実には存在しないが実在しているように感じさせる空間を作り出しているのです。

 

VRと聞くとどうしてもHMDを被って体験するものに感じますが、実はそんな事ないんですね。というか、DMMVRシアターの劇場内そのものが大きなHMDのような役割をしているのかもしれません。

結論 DMMVRシアターはVRです!


あくまで僕の意見によるものですが、ホログラムの投影はARに近いのかもしれないけど、高い映像技術や音響、照明などを駆使して現実世界とは違う空間を作り出しているわけなので、DMMVRシアターの公演はVRであるといってもいいのではないでしょうか。

 

異論反論ウェルカム!誹謗中傷は傷つくからノーサンキューだぜ!


スポンサーリンク