FOVEのデザインが他のVRヘッドセットと比べてゴツゴツしていない理由

現在発売されているVRヘッドセットってどれもゴツゴツして無骨、いかにもガジェットと言う感じの男心をくすぐるフォルムが多い印象を受けますが、視線追跡型VRヘッドセット『FOVE』は流線型のなめらかなボディという、他のVRヘッドセットと真逆を行く見た目をしています。それにほとんどのHMDは『黒(っぽい色)』をベースに配色されているのに対し、FOVEのヘッドセットは真っ白(黒verもあるけど)。

 

こりゃあ何か理由があるんじゃないかって事でFOVEさんに直接聞いてみました。まぁそんなに長い話じゃないので見てってよ。

スポンサーリンク







FOVEさんに直接聞いてみた

FOVE

今回も直接Team FOVEの方々にデザインに関する疑問を問い合わせてみました。結果から言うと『あえてそういったデザインにしている』との事。ふっふっふ、やはりな。

 

そこで、『やっぱり他社との差別化ですか?』と聞くと、『勿論それ(他社との差別化)もありますが』と前置きした上でデザインの決まる経緯を話して頂きました。

 

なんか印象に残ったので皆さまにもお伝えしたいと思います。

ガジェットっぽさを出したくなかった

FOVE 黒

担当の方は、Team FOVEの中に『ガジェットっぽさ』を出したくないという意識が強くあった、と教えてくださいました。断定こそしていませんでしたが、Team FOVEの方々の頭には元々ゴツゴツとしたVRヘッドセットのイメージは存在していなかったようなのです。

 

そこを起点に従来のイメージから遠ざける為にあえて流線型を強調したデザイン設計をし、その後デザインにマッチする白と黒のカラーを採用し制作が決定したとの事。

 

これがFOVEのデザインが決まった背景にあったストーリーでございます。新進気鋭のスタートアップ企業にぴったりな話だよね。いやぁクールだわぁFOVE

FOVEかっこいい

個人的に元々FOVEのつるつるしたデザインが他の製品と比べてダントツでかっこいいなぁーって思ってたので理由が聞けて純粋に嬉しかった。

 

中にはVRヘッドセットはゴツゴツしてる重厚な感じがイイんだ!という人もいると思うけど、どちらかと言えば流線型の近未来っぽいデバイスの方が大衆ウケは良さそうだなぁと感じます。電化製品買うときとか、見た目のかっこよさを重要視している人って多いと思います。僕も自分好みのデザインだったら即購入しちゃう事があります。

 

ただ、一点だけ願望を言わせてもらえるのならば、カラーを白と黒だけじゃなくてを追加してほしいなぁと← 青色のVRヘッドセット出たら速攻買うよ。青色好きなんだよ。

 

※FOVEさん忙しいのに丁寧にお返事してくれてありがとうございました。早く秋にならないかなぁ。

 

スポンサーリンク