メガネをかけたまま快適に使えるHMDを比較検証!

HMD(VRヘッドセット)って、メガネをかけたままでも使えるの?

とある調査によると日本におけるメガネ着用者は6000万人にも上るといわれていますし、こんな疑問をお持ちの方は意外に多くいらっしゃいます。

 

安心してください、結論から言うと現在発表されているHMDのほとんどはメガネを着用したままでも使用可能(という事になっています)。HTC VIVEもOculus RiftもPlayStarion VRも全てメガネフリーです←。

 

ただ、視力の度合いやメガネフレームの大きさなどによっては使用感の違いが存在します。というわけで今回はメガネを着用したままでも快適に使えるVRヘッドセットを比較してみました。

 

※筆者が実際に検証したHTC VIVE、Oculus Rift、PlayStarion VRで作成しました。

スポンサーリンク

メガネ愛好家に優しいHMDはどれだ?MEGANE-1 グランプリ開幕!

メガネ

さて始まりました、全国6000万人のメガネ着用者に最も優しいVRヘッドセットを決めるMEGANE-1グランプリ(通称M-1)、検証に使用したメガネは一般的に使用されているごくふつうの大きさのものです。

 

ちなみに、敏腕エリートがかけてるような小さめのフチなしメガネの場合、ほとんど使用感に差異は感じられませんでしたので、少しフレームの大きめなメガネで検証してみました。

画像はイメージです。

今回エントリーしたのは実際に筆者が体験した事のあるこちらの3つのヘッドセット「HTC VIVE、Oculus Rift、PlayStarion VR」です。ではまいりましょう。

Oculus Rift

オキュラスリフト

エントリーナンバー1番!コイツがいなけりゃVRブームもなかった!オキュラス社が開発したVRブームの火付け役Oculus Rift!

 

さて、実戦の結果はというと…、「思ってたよりせまい」「かなり窮屈」といった印象。

なんとか着用できるというレベルで、メガネをかけたままヘッドセットを装着するのが結構大変です。フレーム部分がヘッドセットに当たって、ズレちゃうんですよ。

 

あらかじめメガネを外して、メガネをヘッドセット内に入れ込んで着用するとよさげです(ていうかそうしないと無理)。

 

メガネを着用したまま使用を続けるとフレーム部分が鼻を強めに圧迫してくるので結構いたいです。

 

特に鼻が高い人はお世辞にも快適とは言えないプレイ環境になるかと思いました。オキュラス+メガネはお世辞にも快適とは言えません。(個人の感想です)

HTC Vive

HTC Vive pre

続いて、エントリーナンバー2番!動きまわれるVRこと「HTC Vive」!

 

結果からお伝えしますと、Oculus Riftよりメガネフレンドリーです。

 

ただ鼻の高い人はOculus Rift同様結構な圧力がかかり(ヘッドバンドの位置のせい?)窮屈さを感じる人もいるかもしれません。

 

ただ何度か試してみるとHTC Viveは他のHMDと違って動き回ることが多いので圧迫感を感じないケースもありました。動き回ってるとテンションが上がって圧迫感が気にならなくなるですよね。ぼくだけかもしれないけど。

 

Oculus Riftよりは窮屈さはありません。普通のメガネであれば問題ないというレベルです(アラレちゃんメガネは厳しいかも)。

PlayStation VR

psvr

続いてエントリーナンバー3番!ソニーインタラクティブエンターテインメント(SIE)のPlayStation VR!

 

結果から言うとメガネがほとんど気になりませんでした!

 

おそらくPSVRの形状によるものだと思いますが、他の二つのHMDと比べて顔への密着度が弱く(それが良いか悪いかは別として)ほとんど顔面に圧力がかからないからだと思います。

 

ヘッドセットの重さを額や後頭部で支える設計だからこそ生まれたメガネに優しいVRヘッドセットだと思いました。

結果

あくまで僕の個人的な見解ですがメガネをかけたままでも快適に使えるのは

PlayStation VR>HTC Vive>Oculus Rift

という結果です。

 

PSVRはデザインのせいか他の製品より使用感が快適でしたが、顔への圧力が少ない分、下の方の景色が隙間から見えてしまったりするというデメリットもありますし、一概にPSVRが良い!とは言えませんがメガネをかけたままVRで遊びたい!と思っている人はぜひ参考にして見てくださいね。

スポンサーリンク