【アイメモ】VR空間でのアイドル活動をテーマにした青春ストーリー「アイドルメモリーズ」

2016年10月2日(日) 24:30よりTOKYO MXにて放送スタートのTVアニメ「アイドルメモリーズ」をご存じでしょうか?

個性豊かなアイドルの卵たちが、音楽とともに切磋琢磨しながらトップアイドルを目指すという最早テンプレ化したストーリーながら、物語の舞台が近未来で「ネットを介したVR空間を活動の拠点としたアイドル達のストーリー」という事で、世界観が気になるので紹介します

スポンサーリンク







アイドルメモリーズ「私の夢は、ここ(現実)でも輝く」

idle-memories

アイドルメモリーズ(以下:アイメモ)のあらすじを話すと

  • 高速ネット通信環境とVR技術の進歩により、自宅に居ながらリアルな旅行体験やライブ体験が一般化した近未来が舞台
  • この世界でのアイドル活動は主にネットを介したVR空間によって行われている
  • アイドルのニーズが世界中で高まり、世界各地にアイドル育成用の学校がいくつも点在している

こんな感じ!

まぁいわゆるいろいろありながら歌と踊りでトップアイドルを目指す最近よく耳にするストーリーなんだけど、背景設定が面白いですよね

アイドル活動をVR空間で行う」なんて本当に近い将来ありえそうじゃない!?

(昔)高嶺の花で滅多に会えないアイドル

(今)気軽に会いに行けるアイドル

(未来)仮想空間で会えるアイドル

意外に未来を先取りしてるアニメなんじゃないかとひそかに注目しています。ルサンチマンや電脳コイルのようになっれっるかな?!

原作、スタッフ

i-memo-3

原作:Happy Elements Asia Pacific
監督:菊池カツヤ
シリーズ構成・脚本:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:奥山鈴奈
美術背景:手塚プロダクション
3DCGアニメーション:テトラ
音響監督:横田知加子
音響制作:グロービジョン
アニメーション制作:セブン・アークス・ピクチャーズ

原作のHappy Elements Asia Pacificはあんさんぶるスターズ!などの人気アプリで知られるモバイルゲーム開発会社ですね。

美術背景の手塚プロダクションという文字に反応したにわかです。

コミカライズ版はComico Plusにて公開中

コミカライズ版もComico Plusにて公開中という事で最初の3話だけちゃちゃっと読んでみました。

感想は、話のテンポが超早い&3話で急にキャラクターの等身が変わって焦りました

1話、2話はこんな感じで長身いキャラなんだけど

i-memo

Comico Plusより引用

3話で突然こうなる↓

i-memo2

Comico Plusより引用

雰囲気変わりすぎてびびる。しかもこれ一コマだけとかじゃなくて3話丸々この絵柄になるんだよ?2話までふつうだったのに一切前ふりなしでデフォルメ絵になるもんだから、「あれ?違うマンガになっちゃったかな?」って思った笑

VRの話題はもっと先なのか、全く話題に出てこなかったけど、気になる方は是非comico Plusで本作品を読んでみてください。きっと僕の言っている意味が分かると思います。

【アイメモ】2016年10月2日(日) 24:30よりTOKYO MXにて放送開始

vivi-lin

アイドルの衣装と制服、そして一番左はVR用の衣装?

VRでのアイドル活動がどんな風に描かれるのか楽しみですね!

ただ流行りに乗っかっただけであっさりしてたら苦笑いしますw

 

スポンサードリンク