VRに対応した『PS4K』10月発表にPS4購入者『…やられた』

28日のThe Wall Street Jounrnalの記事でソニーが10月の新製品発表会で4k対応のPS4PS4K(仮称)』を正式発表すると記事でリークされました。

 

PS4Kは名前の通り、4K映像に対応した機種で、先日発表されたPlayStation VRをサポートするためにいくつかの機能の追加しているそうです。そのためにCPUやGPUが大幅にグレードアップされ、既存のPS4との互換性も無くなる可能性もある、とか。

 

『おい、それじゃあPS5じゃねーか!(笑)』

 

今回のこの発表に怒っている人たちがいます。それはPSVRの発表と当時にPS4を購入した人たちです。

 

本稿では新型PS4の事をPS4Kと表記していますが、仮の呼び名でありあくまで噂レベルのニュースです。ご注意下さい。PS4.5、NEOなんて呼び方をしているメディアも複数あります。PS4.5てすごい名前だよね。

 

※追記:フィナンシャルタイムズにてソニー幹部がアップグレード版PS4の存在を認める発言を致しましたので噂ではなくPS4Kは『確定情報』となりました。詳細は記事内にて解説しています。

 

日本時間2016年9/8に新型PS4の確定情報が出ました!名前はPS4Pro。同時にPS4 Slimという廉価版も販売されます!詳しくは以下のリンクまで

VR用に買替え必須?PS4上位互換「PS4Pro」と薄型「PS4 Slim」発売決定!発売日や価格など

 

スポンサーリンク

PS4Kは実質『PS5』なのか

上でも伝えたけど、VRに対応するための機能の追加、PS4K発売以降にリリースされるソフトの一部は、旧PS4と互換性を失う可能性がある、と記事では書かれていました。

 

PSVRの発表と同時にPS4を購入した人も多くいるでしょうし、そういう方々は口をそろえて『やられた…』『PS4買っちまったよちくしょー』という後悔の声がネット上でも現実でも散見されます。

 

もちろんがっかりしたのは事実ですし、互換性なくなるとかそれ完全に新機種(PS5)やんけぼけぇ、と言いたくなる気持ちもわかります。同じ機種で遊べないならそれは別もんですからね。

 

しかし、もともとPS4の性能で快適なゲームプレイをするのは難しいといわれてましたし、PS4Kのタイトルは専用ソフトで数本出るだけ、というのもあり得る話です。数年前のプロジェクトモーフィアスの時から『ソニーの新製品のHMDはPS4に対応します』って言われてきてたんだし、そんなに気にする必要はないでしょう。

 

累計4000万台近く売れたPS4、その所有者が世界中に数百万人いるのに、ソニーがそれを全部放っておいて『VRゲームはすべてPS4Kでしか快適に遊べません』となったら世界最大の詐欺行為になりかねません。

 

もし本当にそんな事になったら経営陣は本当に頭が沸いているのだと思うのでその時はスパッとOculusとVIVE、FOVEやStar VR等、他のHMDに移行すればいいだけの話です。

スペックはどのくらい違う?

匿名の開発者が海外ゲーム雑誌『Edge』で語ったというPS4Kのスペックがコチラです。

PS4 PS4K
CPU 8 Jaguar Cores 1.6GHz 8 Jaguar Cores 2.1 GHz
GPPU AMD GCN(Graphics Core Next)アーキテクチャ 18 CU 800 MHz 改良版AMD GCN(Graphics Core Next)アーキテクチャ 36 CU 911MHz
メモリ 8 GB GDDR5 176 GB/s 8 GB GDDR5 218 GB/s

匿名開発者のリーク情報なので信ぴょう性が高いわけではありませんが、上記の表くらいのスペックの差があると考えておいた方がよさそうですね。

 

んー、もう別物として売ったほうがいいんじゃ…。って感じです。

値段やデザインは現段階では不明

値段や発売日、デザインについては現段階で不明です。PS4Kは4K対応のハイエンドゲーム機となるので価格もかなり高めになるでしょう。

 

個人的にはそもそも4Kのゲーム機なんて遊べんのかという疑問すらあります。ものすごい早さでオーバーヒートしそうですよね。PS4ですらファンが死ぬほどうるさいし、ちょっと使っただけで暖房器具かってくらい熱くなるのに。

 

これは願望だけど、PS4Kが現行のPS4に付属として装着して使う商品にしてくれたらすごい嬉しいね。だって、さすがにもう一台PS4置くのは正直邪魔くさいよ。本当に発売されるとしたらPS4売らなきゃだし。。

好調なPS4の売り上げにブレーキ

それともう一つ、PSVRの発売日発表を皮切りにバンバン売れまくったPS4やその周辺機器、今回のPS4Kのニュースで売り上げにだいぶブレーキがかかるでしょうね。

 

Amazonなんかでも常にランキング上位にいたし、PSVRの発表から2週間で飛ぶように売れたみたいです。でも仮に今回のPS4Kの情報がPSVR発表前に分かっていたらきっと沢山の人がPS4を買う事を控えていたと思うんで『ちょっとずるいよなぁ』と感じてしまう訳です。狙いすましたかの様に2週間後に出てきた新情報だからイラっとしちゃうんですよね。

 

それともクーリングオフの期間は1週間だから、2週間たった今情報リークしたとか(PSVR発売日発表は3/16)。。そうだとしたらかなりあくどいwというか卑劣。

2016/7/17日追記:通信販売や、店舗に自ら赴いて買った商品には、クーリングオフは適用されず、販売業者が返品に応じるかどうかの問題だそうです!コメントをくれた「ああああ」さん!サンキューです! 以後気を付けます!!

 

それはないと信じるとして、PS4Kを今年の年末商戦に組み入れる事もありえるし、とりあえずまだPS4を持ってない人は10月まではPS4を買い控える人が増えそうですね。

追記:SIE幹部もハイエンドPS4『PlayStation NEO』の存在を認める発言

SIE(ソニーインタラクティブエンターテインメント)のアンドリューハウス氏が新型PS4の存在を認める発言をフィナンシャルタイムズで発言しました。

 

記事内ではPS4 NEOという表現がなされていますが、内容をまとめると、PS4 NEOはハードコアゲーマー向けの高級路線で販売される可能性が高いが、今後出るPSVR作品の作品はすべて現行PS4に対応する予定だそうです。

 

スペックが上がれば値段が高くなるのは致し方ないですが、海外ならまだしも日本でどのくらいの影響がでるかは気になるところですね。おそらく日本でもバンドルパックのような販売の仕方がされるでしょうが、その際の価格帯にも注目しておきたい所です。

 

とりあえずPS4で全て遊べるようなのでほっと一安心ですね。

参考リンク:FINANCIAL TIMES

すでにPS4を新たに購入してしまった人

今回PS4を買ってうなだれているそこのあなた、こんなことを言うのなんですが、買ってしまったものは仕方ないです。クーリングオフの期間もすぎちゃっただろうし…。

 

ココは気持ちを切り替えてPS4を思いっきり楽しみましょう。PS4はPSVR以外にも面白いゲーム沢山あります。(そう)なゲームも沢山ありますし、あまり深く考えずに遊んで待ってた方がストレス感じないですよー。切り替えていきましょう!

 

ちなみにPSVRが発売されるまでの間に発売される、PSVRが無くても遊べるPSVR対応のPS4ゲームも多数存在していますので気になる方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

SNSシェア&読者登録お願いします!

4 件のコメント

  • はじめまして
    私もVRに手を出そうか、まだ待とうかと悩んでいるところで、あおぞらVRさんをいつも楽しく拝見しております。

    揚げ足取りの様で大変恐縮なのですが、
    通信販売や、店舗に自ら赴いて買った商品には、クーリングオフは適用されません。
    この場合は、販売業者が返品に応じるかどうかの問題だと思います。

    細かいところ失礼しました。
    今後ともよろしくお願いします。

    • 嬉しさがほとばしっております! 
      そうなんですか!?追記させていただきます!

      いえいえ、丁寧に指摘してくださるのはとてもとても嬉しいですよ♬
      以後きをつけます!!

  • 何度も使い古された事だけど昔バーチャルボーイを持ってました。
    結局一人でのぞき込む形にむなしさを覚えた経験があります。
    なのでVRよりも確実に名作がある旧作をやれる下位互換機出してほしかったな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。