直径6cmの球体360°動画撮影VRカメラ「Luna」が超クール

期間限定!【VR】表記商品2,500円以上購入でPSVR、Gear VRが10名ずつに当たる!

突然ですが「Memora inc.」が発表した世界最小のVR撮影カメラ「Luna(ルナ)」をご存知ですか?

 

クラウドファンディングサイト「indiegogo」にてプロジェクトが進行し、一般向けの販売は2016年10月を予定していますが、すでに当初の予定希望額の3倍にあたる約150,000$(約1800万円)を集めている注目プロジェクトです。

 

たしかに見れば見るほど超クールなんですよこのカメラ。普段カメラに全く興味の無い人でも「コレは欲しい!」と思わせる「何か」があるカメラです。

スポンサーリンク







360°動画が簡単に撮影出来るカメラ「Luna(ルナ)」

Luna ルナ カメラ VR

ぽつん……。なんとも存在感のない佇まいですが、それもそのはず、なんと「Luna」の直径はたったの6cmしかありません。重さも約180g程度と超軽量。

 

ビリヤード球の大きさが大体6cmで重さが170g程度なのでビリヤード球とほぼ同じです。

ルナ ビリヤード

超軽量なので持ち運びにも便利です。

基本スペック

基本スペックは以下の通りです(引用元:indiegogo)。

重さ 約180g
大きさ 約6cm
レンズ 190°魚眼レンズ×2(死角なし)
容量 32GB
稼働時間 30分程度の録画が可能

Wifi機能付き 【802.11n】

LunaにはWifi機能が付いています。使える無線は802.11n。

802.11nと言われても、なんのこっちゃわからないので調べてみました。

appbankさんの記事で詳しく書かれていたので表をお借りしたいと思います。

802.11a 802.11b 802.11g 802.11n
電波 5GHz帯 2.4GHz帯 2.4GHz/5GHz帯
電波干渉 受けにくい 受けやすい 受けやすい(2.4GHz)
利用範囲 狭い 広い 広い(2.4GHz)
最大速度 54Mbps 11Mbps 54Mbps 300Mbps

まぁ別にココらへんはわからなくても問題ないですけど、Wifi機能が付いているおかげで他にも色々な事ができるようになってます。例えば

  • スマホへのデータ送信
  • ライブストリーミングカメラとしての使用(撮影映像を他のデバイスへライブ送信する)
  • リモートカメラとしての使用(撮影している映像を携帯にディスプレイ表示する)
  • YoutubeやFacebookへの簡単投稿機能

などです。

type=”pink” subtype=”R1″ icon=”1.jpg” name=”管理人”]とても小さいので、盗撮とかに悪用されないか心配だ。

完全防水、防塵機能付き

ルナ 防水

プロモーション映像内でも、グラスに水を注いだり、泥まみれの場所へLunaを放り込むシーンがありますが、安心して下さい。完全防水、防塵機能付きです。

全画面キャプチャ 20160126 210638

金魚がはいっている水槽にドボンしても全く問題なし。画像左部分にIP68と書かれているのがわかりますか?ちょっと見慣れない英語と数字ですよね。

 

【余談】IP68って何?

 

IP68

引用元:http://image.rakuten.co.jp/ac-fan/cabinet/chris/img-point-light-ip68.jpg

この表記はIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)が定めた電気機器内への異物の侵入に対する保護の等級の事です(簡単に言うと、「この商品はこのくらい防塵、防水機能がありますよ」って一目でわかるようにする記号)。

 

IP68は「粉塵が内部に侵入しない、製造者によって規定される条件下での水中に置かれる場合に適する。原則として完全密封構造」となっています。

 

規定の中では最高の防塵、防水機能を有しているという事ですな。

Lunaはマグネット仕様

ルナ 磁力 磁石 マイク

Lunaは金属製品(磁力)があればひっつきます。上の画像ではマイクにくっついていますね。なんだかカワイイです。動画の撮影だけでなく、マイクの録音デバイスとしても使えそうですね。

 

専用の充電アダプターも磁石で「カチッ」とくっつけて使うので汎用性は高く、他にも様々なアクセサリーがセットで販売されています。

z2p04dpj97dxkbpztrg1

棒状の「monopad」を使えば自撮り棒のように利用することが出来ます。keychainを使えばストラップ風に。撮影方法はボタンをポチっと押すだけなので非常にシンプルで簡単です。

Lunaによる撮影動画

かなりクリアに写っているのがわかります。球体だから落とさないように注意が必要ですね。

参考動画

一言

すでにpre-orderは売り切れも出ているようなので、興味があれば是非調べてみてください。一般向けの販売は2016年10月辺りを予定しているそうです。

 

これだけ小さいと紛失のリスクがかなり心配だけど、持ち運びの手軽さや防塵防水機能が付いているから、アウトドアでもばんばん使っていけるのが嬉しいね。あ、でも僕外出ないわ。。笑

 

スポンサーリンク