[milbox touch]レビュー 上手く動作しない時の原因と対処法

期間限定!【VR】表記商品2,500円以上購入でPSVR、Gear VRが10名ずつに当たる!

世界初のスマホに直接触れずに操作が可能なVRビューワとして4月26日に発売された『milbox touch』にある問題が(僕の中で)浮上しています。

 

ちゃんと説明書通りに組み立てたのになぜか『タップ』も『スクロール』も『スワイプ』も出来ないんです。milbox touchのウリが『スマホに触れずに操作できる事』なのにそれが出来ねーとはいってぇどういうこったぁ!

 

ネットで調べてみると同じ症状に陥っている人が何人かいたのでその原因と対策も含めて書いていきたいと思います。

※2016年5月23日、株式会社WHITEさんにお邪魔して確認した所、本記事で書かれているMilbox Touchは非常にレアケースな『初期不良』の可能性が極めて高い事が判明しましたので記事を若干訂正してあります。

スポンサーリンク







milbox touchが動かない原因と対策

前回の記事でも書いた通り、milbox touchのタッチ入力を可能にしているのは『Extension Sticker』と呼ばれる、導電性インクが印刷されたシールを貼り付けてそのシールをタッチすることでタッチパネルに直接触ることなくタッチ入力を可能にする技術のことです。

 

つまり動作不良の原因はまずここにあるとみて間違いないと思います。このシールをスマホの画面にピッタリとくっつけないと動作しないんです。

milbox touch 動かない

こういう感じでシールのインク回路部分とスマホディスプレイ部分をピタッとくっつける事で操作を可能にしているのです。つまり、ココが使用中に少しでも離れていると感度は著しく低下します。(ちなみにAndroid端末の方が感度は良いらしい。)

 

つまり、いかに使用中に導電シールとスマホ画面を離れないように固定するかが快適な使用のポイントなのです。左手でスマホを触れる様に抑えてあげるとなお良い、との事。

 

あと、普通に折るくらいでは全く断線の心配はないが、グリグリ跡をつけるように強く折り目を付けると感度が低下する可能性もあるのできをつけましょう。

導電シールが画面に触れてても反応しない

上記の公式の見解を見てトライして使えるようになった人も多くいる様ですが、

 

僕の場合は今回milboxが届いて何度もシール部分と画面を接触された状態に固定して使用していましたが、感度はかなりイマイチでした。タップはなんとかできるんだけど、スクロールやスワイプはほぼできないという状態。

 

使用している内にイライラしてきて同時発売したmilbox対応のパックマンを見ながら『これでどうやってPAC-MAN VRクリアすりゃあいいんだよぉぉ!!』とGalaxyに向かって咆哮してしまったくらいです。

 

ちなみに、今回使用したのはGalaxyとiPhoneで(公式ホームページでは対応機種となっている)、固定の為にセロハンテープ※を使うなどといった愚行はしていませんがどちらの端末でも上手く作動しませんでした。

後日談

実はこの記事を執筆した後、株式会社WHITEさんから直接連絡がありました。その後実際にオフィスにお邪魔させてもらい、Milbox Touchの仕組みについて丁寧なレクチャーをしていただきました。

 

結論から言うと僕のMilbox Touchは初期不良!!

 

オフィスでパックマンVRやらせてもらったんだけど、感度の良さが僕のそれとは桁違いでした。はっきり言ってぜんっぜん違う。別もんって感じでした。ちなみに僕と同じ状態になった方(スワイプなどが出来ない)からの問い合わせは僕以外にたったの一件だったようで、今回の事は非常に稀、かなりのレアケースだったようです。

 

初期不良の場合に限り無償交換にも対応してくれるそうなので、僕と同じ状態の人が居たら是非問い合わせをしてみて下さい。非常に丁寧でスムーズな対応をしてくれますよ。

 

CEOの神谷さんも良い人だったし、今後のビジネス展開のお話も聞けたりで非常に濃い時間を過ごせました。僕ももっと努力しなければならないなぁと思いましたとさ。ではでは。

スポンサーリンク