人力と送風機で味わう半アナログ『未来アミューズメントパーク』感想レビュー

東京タワー

雲ひとつない快晴!まさに『あおぞら』って感じでぽかぽか陽気の中、スタジオアース(東京タワーメディアセンター内)の「未来アミューズメントパーク by リクルートテクノロジーズ」にお邪魔させていただきました。

未来アミューズメントパーク

「え、VRもまだまだなのに?w」というコメントはさておき、VRを超えたスーパーVR体験のレビューをお届けしやす!

スポンサーリンク







未来アミューズメントパーク by リクルートテクノロジーズ

リクルートテクノロジー

体験できるアトラクションは全部で6つ。

  • 四季の世界遺産ドライブ
  • 座間味島ロケットジャンプ
  • ペンギンロボットコントローラー
  • 美瑛の丘レース-Hashilus-
  • Tokyoスカイラン-Urban Coaster-
  • 指サッカー(FInFA)

会場は例のごとく男性だらけでしたが、女性スタッフが結構多かった印象ですね。後述しますが、衛生面、清潔さに関しては僕は正直内心『うひゃぁああ』でした(悪い意味で)。←

 

作品それ自体は今後の展望なんかも見える作品もありましたので、そこらへんも含めてレビューをしていきますねー。

四季の世界遺産ドライブ

世界遺産ドライブ

四季折々の世界遺産をバイクに乗りながら駆け抜ける爽快感の高いアトラクションです。

四季の世界遺産ドライブ

椅子は可動式になっていて、映像に合わせて後ろのスタッフが押したり引いたりすることでリアルに運転している感覚を味わうことができます。

送風機

前方にある大型の扇風機から流れてくる風が非常に心地よく、風を切って街中を爆走する爽快感を味わう事が出来ました。

椅子の下の部分にローラーが敷かれており、それが振動することでバイクのエンジンがかかっている時にかなり近い状況が再現されていて、遊園地やアミューズメントパークにもってこいのコンテンツですね。

座間味島ロケットジャンプ

座間味島ロケットジャンプ

沖縄の座間味島周辺をロケットジャンプで観光できるアトラクションです。ジャンプできるのは、座間味島、阿嘉島、無人島の3箇所です。

座間味島ロケットジャンプ

ジャンプのタイミングで後ろのスタッフがてこの原理で体験者を持ち上げる事で本当にジャンプしている感覚が味わえます。これも前方に設置された扇風機の送風によりリアルに空を飛んでいる気分を味わえます。

ジャンプ

ジャンプして空中にいる間は見せ物みたいで少し恥ずかしい気もするけど、やってる本人は気付かない。説明のナレーションが沖縄弁なのがかわいくてよかった。 いーやーさーさー

ペンギンロボットコントローラー

ペンギンロボットコントローラー

遠隔地のプール(品川水族館?)にいるペンギン型水中ロボット『もるペン』をリモートコントロールできるアトラクションです。

ペンギン ロボット

水中を泳ぐペンギンの視点になって、手をパタパタと振る事で水中を回遊できます。僕はかなりの動物好きなので、とても気に入りました。他の動物の動きでも応用が効きそうですし、研究なんかにも使えそうですね。

美瑛の丘レース-Hashilus-

美瑛の丘レース

エクササイズ用機器JOBAを使用して乗馬体験とレース対決ができるアトラクションです。手綱を前に押すことで馬に鞭を入れて加速することができます。

馬 レース

前方におかれた小型扇風機からの風が気持ちいいです。しかも、やってみるとそれなりに運動をしている感覚になりました。特に腹筋。

 

JOBAはもともとエクササイズ用のマシーンですから当然なんですけど、これはいい運動になりそう。痩せる!

TOKYOスカイラン Urban Coaster

TOKYOスカイラン

ブランコに乗って、東京に似た街の空中をジェットコースターで駆け抜けるアトラクション。

tokyo スカイラン

前方の大型扇風機が臨場感を与えてくれます。途中水しぶきがかかるシーンもありました。

 

風の向きやブランコはずっと一定なんだけど、映像に合わせて自分の体が無意識に動いて左右に揺れる感覚になるんだよなぁ、不思議。

 

体験者の中には手をぶるぶると震わせる人や叫び声をあげる人もいたが、僕はあまりなんとも思わなかった。やはり重力がかからないと錯覚まではいかないのかな、と個人的に感じました。

指サッカー

指サッカー

卓上大のグラウンドをフィールドに『指』で『サッカー』ができるアトラクション。視点は手首に仕込んだ小型カメラの映像をHMDに投影し、体が片手サイズに収縮したかの様な視点で遊べます。

指サッカー

ゲームをする前にユニフォーム型グローブと人差し指と中指に装着するスパイク型キャップを装着します。かなり勇気を出して着用しました(Aotaroは若干潔癖です)。

 

慣れるまでが結構大変なんですけど、ボールをうまく蹴れた時はなかなかの感動で、上の写真をパシャパシャと撮影していました(笑)

 

指サッカーは個人的に一番お気に入りでしたw

総評 会場やスタッフは清潔!…だけど


なんといっても今回のイベントはアトラクション6つのうち4つで使われていた送風機による『風』がポイントでしょうか。(四季の世界遺産ドライブ、座間味島ロケットジャンプ、美瑛の丘レース-Hashilus-、Tokyoスカイラン-Urban Coaster-)

送風機

あんまり意識してなかったけど、高速移動するコンテンツにおいて風ってかなり重要ですね。GDCでも映像に合わせて風を出す送風機発表されてましたよねたしか。送風機能をHMDに内蔵すれば、ハードの熱問題とかって解決できないもんなのかね。

 

そして、冒頭でもお伝えした衛生面、清潔さに関してですが、会場はとてもきれい!スタッフの方々も皆清潔そう!参加者の人たちも酸っぱいにおいする人もほとんどいなかったのは僕としてはとても嬉しかったし居心地が良かったです。

 

ただ、僕の本心を言うと…HMDもっとちゃんと拭いて欲しかったなぁ…と。

 

メガネクリーナーみたいのでササっ、とか除菌ウェットティッシュとか用意してるけど全然使ってないとか、そんな感じ。

多分ふつうの人はそんなに気にならないかもしれないからさ、僕のわがままなのかもしれないけど

HMDのレンズが脂汗で曇ってたりしたのもあったのよ(´;ω;`)

 

いや、本当HMDの清潔さに関する議題はそろそろ『3D酔い』とか『斜視』とかに次いで出てきてもいいと思うんですけど、皆さんはどう思います?

 

体験型アトラクションだから仕方ないってのもあるんだけどね、直接肌(顔)に密着させるんだから手足や服の上からとはまた違った大きな抵抗感があるとおもうんですよ。

 

僕はVRが好きだからイベントにもいくけど、ちょっと綺麗好きな一般人だったら『うぎゃああ』ってなるレベルだと僕はおもってます。

 

なんか文句言ってるみたいであれなんですけど、イベント自体は超楽しかったのであしからず!


スポンサードリンク