Mogura VRの本拠地「もぐらハウス」に凸って来た

スポンサーリンク

僕が一番読んでる日本のVR専門メディアである「Mogura VR」の本拠地(通称もぐらハウス)に突撃お宅訪問してきました

 

その時の記録です。『スクープ!VR土竜の塒(ねぐら)ついに発見!!』どぞー

もぐらハウスにノーヒントでたどり着けた奴っているの?

img_3260

ココにあったよ「もぐらハウス」

ずっと行きたかったんだけどなかなか招待されず、「あれ?これもしかして…嫌われ…」なんて思った事もあったけど、そんなわけないそんなわけない。

ついに行ったよもぐらん家(もぐらハウス)

「どんなVRグッズが置いてあるんだろう」
「一個くらい持って帰ってもばれないんじゃないか」
「ホロレンズ欲しいな」
「てかなんかくれないかな」

そんな邪な気持ちが見え隠れしながらもGoogle Mapを片手に

僕は都内某所にあるといわれるもぐらハウスに辿り……

着かなかった!

ものすげー迷った!

一生たどり着く気がしないと思った

約束の時間も過ぎちゃって「うわーーやべーー」ってなりながらも、

どんだけ歩いても同じ景色だし、途中で道に並んでる光るオブジェクトに「もぐらハウスはどこですか?」と聞くくらいには焦ってました

img_3276

ゲームだったらなにかしらのヒントを教えてくれそうな光るオブジェクト。

で、まぁ結局わかんねぇよ!ってなったので、さんざん迷った挙句Mogura VR編集長「すんくぼ」さんに迎えに来てもらう羽目に。。

 

もぐらハウスに初見ノーヒントでたどり着ける人尊敬するヨ

(やっと)もぐらハウスに行ってきた!

とまぁ、すんくぼさんの助けを借りながら、なんとかもぐらハウスにたどり着いた僕

 

入口にはたくさんのVRグッズ(HMD、360度カメラ等々)の箱が

img_3268

ホロレンズ、Vive、Theta、何故か二個ずつ置いてある…ブルジョアだ。

 

壁には現在販売されている様々な種類のVRヘッドセットがかけられていた

img_3269

写ってないけど下の方にはOculusやVive、Homido等がぶら下がっている

「おぉーPSVRがこんなに他に紛れて雑に飾ってあるー」
「こうやって見るとHMDって全然個性ないっすねー」
「PSVRはプレイ中光りますけど、確かに他は皆同じような外見ですよねー」
「好きなVRヘッドセットとかってありますー?」

 

みたいな感じでVRヘッドセットのデザイン談義に花を咲かせながら、早速もぐらハウス内を物色させてもらった

 

すると、すぐに気になるモノを見つけた

あおたろは「ぱいまっくす」をみつけた

img_3273

中国メーカーPimaxが発売開始した3860 x 2160の解像度を持ったVRヘッドセット「Pimax 4K VR

ポジショントラッキングはない(12月にポジトラ機能付きのコントローラが販売予定)けど、価格は$349.99と比較的安価なHMD

初めてみたので、僕もそれくらいしか情報はないけど、なんか名前の響きがとても気になる

Pimax(パイマックス)

HMD部分にはギリシャ数字である「π(パイ)」の文字。

パイマックス

思わず何度でも口に出していいたくなる名前だなと思ったのは僕だけでしょうか?

本当バイブといい、ぱいまっくすといいなんかエロ(自粛)

ちなみに『ぱいまっくす』の発売日調べたら、発売されたのつい最近だった。

もぐらさんはなんでももってるんだなぁと思ったので僕に少しくらい機材くれてもいいんじゃないかなって思った。

ぱいまっくす

近々もぐらさんと何かするかもしれないです

左:もぐらゲームスの長 右:Mogura VRの長

左:もぐらゲームスの長 右:Mogura VRの長

本当もぐらの城には新しいおもちゃはなんでも揃ってるんだなぁと感動したので、またいつか遊びに行ってきます。

 

記事書いたり、企画やったり、今後はMoguraさんとも一緒になにかさせていただく事もあるかもしれないので、楽しみにしていてくださいね。

 

その後もいろいろVR事情の事とか話したんだけど、ここで書くような事もないので割愛しました笑

 

以上、特に何事も起きなかった「もぐらハウス」体験レポートでした!お忙しい中お招きいただいてありがとうございました!楽しかった!

スポンサーリンク