VR耳かきをニコニコ超会議で体験してきた。これが男の…夢?

前回こんな記事を書いたのを覚えていますでしょうか?「和服美少女耳かきVRゲームの『立体音響』に声フェチ歓喜」。なごみの耳かきVRというバイノーラル録音による立体的なサウンドで『美少女から耳かきをされている』感覚を味わう事が出来るいやし系のゲームです。

 

その記事でお伝えした通り、ニコニコ超会議にて本ゲームが体験可能という事だったので満を持して参加してまいりました。結論から先に申し上げると「プロモーションの仕方が非常に上手、声が可愛い、写真撮りすぎw」という感じです。

※個人の感想です。

スポンサーリンク

ニコニコ超会議 「なごみの耳かきVR」ブースに行ってきた

なごみ 耳かき浴衣美人、そして目の前に横たわるVRヘッドセットを装着した男性。なんだか完全にそっち系にしか見えない構図ではありますが、これは当日の「なごみの耳かきVR」のブースです。

 

この浴衣美女たちはブースのアシスタントで、体験者にゲームの流れについて説明してくれます(ヘッドセットやまくらをウェットティッシュで拭くのも彼女たち)。彼女たちが説明してくれる最中なぜか皆正座をするという謎の行動をとっていましたw

 

その後VRヘッドセットとイヤホンを装着し、インストラクションにそってゲームが開始していくという寸法。

美女+異様な光景によるSNSの拡散効果

なごみ 耳かき

何がすごいってやっぱり浴衣の女性を用意したところだと思うのよ。

 

上の画像はVR耳かき体験中の僕です(左手が変な風に折れ曲がってるけど気にしないで)。ゲーム体験中、被験者はVRヘッドセットをして横になります。その目の前には正座をした浴衣美人が僕を(冷ややかな視線で)みつめている

 

完全に異様な光景です。待機列にいるときも思ったけど、この光景バンバン写真撮られるんですよ。それはもうバシャバシャバシャバシャとっていく。

 

幸いVRヘッドセットを被っているおかげで体験者の顔は隠れているから一眼レフを持ったカメラおっさんやスマホを持った若者たちがバッシャンバッシャンシャッターをきりまくるわけですな。そして彼らの目的はもちろん、SNSでの拡散(カメラおっさんは違うかもだけど)です。

 

こういう流れでバズを生ませるって絶対に運営側が意図的に狙っていたと僕は思うんですよ。もしかしたらアシスタントの女性にも「できるだけ無表情で体験してる人を見つめていて」という指示すらあったと僕は予想しています。

 

あえて写真を撮りやすいように通路から良く見えるような配置にしたり、意図的にやったとしか思えない。そして僕は言いたい「こういうの恥ずかしいからあんまり人目でつかないところでやりかったよ」と。

 

「おめぇメディアなんだからこんなの当然だろうが」とか言う人もいると思うんですけど、こういう配慮も重要だと思うぜ僕は。

 

だって、体験者全員さらし者だったもんw 並んでる間周りの観客が「うわぁなにあれー」「並んでるやつ見てみ」と言いながらケタケタケター―と笑いながら写真バンバンとってましたからねw

 

もちろん運営は知らんぷり。どうぞお好きにとって下さいって感じ。やられたぜw

アプリ体験レビュー 感想

なごみの耳かき体験中の恥ずかしさはまぁいいとして肝心のアプリの感想にまいりましょう。

 

えっとですね、記事冒頭でもお伝えした通り「なごみの耳かき」はバイノーラル録音による立体的なサウンドで『美少女から耳かきをされている』感覚を味わう事が出来るゲームのはずですが、はっきりいって耳かきをされている感覚ではないし、癒されなかったかな。まず一番最初になごみちゃんの膝の上に横になる事でゲームがスタートするのですが、ゲームスタートの姿勢判定が結構シビアで、起動させるのが少し大変

 

「なごみさん、頼むからはよ耳かきしてくれやぁ(´;ω;`)」ってなります。そして途中でなごみちゃんの吐息を耳元に感じるというのも、ただ片側の耳のイヤホンから「ぼぼぼぼぼぉー」という音が聞こえているだけで、やっぱり吐息なんだから風くらいないと錯覚とまでは行かないんだなぁと思いました。

 

なごみちゃんのかわいさはあると思うけど、アプリ中ほとんど顔は見えないし、なんていうかなごみちゃんの膝にめり込んでる僕の顔面って感じでしたね。違う意味で没入してました。実際やってみても、これが男の願望?うそでしょ?男の願望ってもっとどす黒いじゃん。ドス&ブラックじゃん、ってのが僕の感想です。

 

でも、僕は声フェチなので全然ありですけどね←

本作品はDLsiteにてダウンロード可能です。

あともう一つ思ったのは、ヘッドセットをつけながら横になると枕にヘッドセットが当たってずれてしまって視界の調整難しくなりますね。外見えちゃう。だから、若干枕から頭を浮かせながら体験しないといけないので、首の筋肉がバッキバキになりそうでしたw

 

ブースでは見せ物にされている感が強くてリラックスして楽しめなかったなぁ笑、すごいはずかしかった。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

ちなみに本作品はDLsiteでダウンロード可能です。無料で楽しめる作品も多くあるので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク