ニコニコ超会議2016取材レポート:序 

現在幕張メッセにて行われている『ニコ二コ超会議2016』の取材に来ております、Aotaroでございます。

幕張メッセ あおぞら

4/29、30と二日間にわたって行われる『ニコニコ超会議』、当日は強風のおかげ?か雲ひとつない快晴日和でまさに『あおぞらVR』にピッタリな日和となりました。

 

僕が取材に行っているのは勿論『VR』関連のブースですが、本イベントは幕張メッセ1~11すべてのブースを使った大規模なイベントだけあって、移動がめちゃくちゃ大変。プレスとは言え、整理券を求めてあちこち歩き回っております。

 

本記事ではひとまず、取材レポート『序』と称して取材内容をざっくりお伝えし、その後の個別記事で一つ一つしっかりと説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ニコニコ超会議2016 会場内の様子

幕張メッセ 通路

9~11のホールに移動するには通路を渡る必要あり。

現在様々なVR関連作品の取材をさせていただいておりますが、ホールの様々な場所に点々とVR関連コンテンツが出展している為、全てを体験するにはかなーーーり歩く必要があります。

 

いや、本当にすんごいあるくんだから!!

 

デスクワークで鈍りに鈍った僕の両足関節は悲鳴を上げており、もはやフェルビナク必須な状況です。

ニコニコ超会議 会場内

しかも会場内はこのように大混雑。時間帯や混雑状況によってはまともに自分の行きたい方向に歩くこともままならないくらいの人人人で蓄積する疲労も倍増です。ちなみに僕本当こういう人混みに数十分いるだけで自然と涙が零れ落ちるくらい苦手です。

これだけ人を集めるイベントで沢山のVR体験ができるなんて業界にとっても素晴らしい事ですが、ニコ二コユーザー全員来てるんじゃないかってくらいの混雑状況、果てしなき移動距離の多さ、数の限られた整理券やスケジュールの管理、そして座っていないのに機材やノートPCで席を占領するプレスの人達の傲慢さに、僕は次第に疲弊していき

疲弊 aotaro

お昼すぎにはこうなりました。『ケバブ(おひるごはん)2つ買うのにどれだけ時間がかかるんだよぉ…(泣)』とうなだれた僕の図です。

 

ちなみに、一応プレスの部屋にはおにぎりやサンドイッチが常備されていたのですが、どうせならイベントのものを食べて、お金を落とさなきゃと思いケバブを購入しました。N高校の生徒の方々が皆で強力してやっててなんか青春で文化祭っぽくてよかったです。味もおいしかったです。

 

VR好きな人って人混みとか苦手な人がめちゃくちゃ多いと思うんで、ニコニコ超会議に参加するVR好きの人はかなーーり気合いれておかないと泣きをみますよ。

 

イベントとしてはもう超巨大なお祭りって感じだし、楽しい事は楽しいんだけど、10代の子たちのフレッシュオーラがもう、ほとばしってて多分あれ波紋エネルギーだと思ったね。だから吸血鬼は絶対に行っちゃだめね、これ忠告ね←

小林幸子 ニコ超

あ、小林幸子さん、チュースッ。

取材したVR関連コンテンツ

というわけで会場内がこのような状態なので取材もなかなか大変なのですが、きちんとVR関係の取材もやってます(当然)。

ホロレンズ 体験

本邦初公開!ホロレンズ

まずは、僕にとっては目玉となっていた初のマイクロソフト社『ホロレンズ』取材です。

 

しっかりとした説明もしていただいたのでその点も含めて後日レビューをお伝えしたいと思います。個人的には視野角の狭さと着用部分が少し硬かった気がしましたね。軽くてなによりかっこいい未来感溢れるデザインが少年心を刺激しました。

 

(重ね重ねですが、その節はJALの方々本当にありがとうございました。)

個別記事はコチラ→マイクロソフトAR機器『Hololens』体験レビュー

 

添い寝VR

話題となった『なごみVR』

あとはほら、VR添い寝を体験したり(サボってねーぞ)。

 

浴衣の女性と目隠しした僕、なんとなくやばい組み合わせな感じがするけど、VRヘッドセットだからね!浴衣の女性の目線、なんだか気の毒なものを見ているようなアンニュイな目線がとても気になるのだけれども。

 

こちらも後ほど記事にしてお届けしたいと思います。

個別記事はコチラ→VR耳かきをニコニコ超会議で体験してきた。これが男の…夢?

 

他にも沢山の企業の方々とお会いし、お話させていただいた事で、知見を広げる事が出来ました。実はとある企業の副社長にも出会ったのでそのへんの記事もまとめて後日公開したいと思いますので楽しみにしておいてください。

個別記事はコチラ→つけ心地最高!柔らかゴム素材HMD「Merge VR」機能と価格

 

ニコニコ超会議は現在も絶賛開催中です。興味があるかたは是非会場に足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク