運動不足の僕が1日中歩き回って得た「ポケモンGO」レポート

みんな!マサラタウンにはもうさよならバイバイした!?

 

ついに今日2016年7月22日ついに「ポケモンGO』がリリースされ、すでに日本でも社会現象となりつつあり「人類の新しい生活スタイル」が垣間見えている気がします。

 

僕もポケモントレーナーの一人として今日1日中歩き回り、今、足がもげそうになりながらこの記事を書いてるんだけど、中々楽しいよ「ポケモンGO」。子供より大人がはまりそうな感じで、街に出ても「あ、コイツ今ポケモンGOやってんな」みたいな大人が沢山いましたねー(バレてないとでも思った?)。

 

一人ひとりが気を付けないと大事故につながるリスクは勿論ありますが、今日一日中街を歩いて感じた僕のレポートをご覧あれ。あーー足いてぇー。

 

※ちなみに僕の移動手段は「あるく」「なみにのる」「そらをとぶ」です。マッハバイクは探し中。

スポンサーリンク







感想、基本情報、遊び方とか

①ポケモンGOは歩きスマホ推奨アプリじゃない

IMG_2007

既に多くのメディアやSNSでポケモンGOの危険性について取り上げられていますが、1日中遊んだ感想から言うと「ポケモンGO」は少なくとも歩きスマホを推奨するアプリではありません(助長はするかもしれないけど)。

 

初期設定で使っていればわかると思うんですけど、ポケモンが地図上にポップする度にスマホが振動するんで、ずっとスマホ画面をみている必要なんかないんですよ。

 

使い方をしっかりまもればほとんど安全にプレイできます。ただ、「ほとんど」といった様に、渋谷や池袋など人が多すぎる場所ではそういった対処法は一切通じない場合がありますけどね。

②手っ取り早く遊びたいならGoogleアカウントで

 

imagesポケモンGOをプレイするにあたって、ポケモントレーナークラブ(以下PTC)でアカウントを作成するか、Googleアカウントを作成する必要があります。

 

どっちでもいいですけど、現在PTCは混雑しているらしく登録が出来ない場合があるので、今すぐに遊びたい人はGoogleでメールアドレスを作ってサクッと遊びましょう。

 

13歳未満の人はPTCアカウントを作りましょう(Googleは13歳未満はアカウント作れない)。

③ポケモンはどんどん捕まえてOK

IMG_2011

ポケモンを捕まえるとプレイヤーに経験値が入り、プレイヤーがレベルアップします。プレイヤーのレベルがあがると出てくるポケモンの強さ(CP)も高いものがエンカウントしました。二台のプレイヤーレベルの違うアカウントで確認したのでおそらく間違いないっす。

 

っつー訳でポケモンはどんどん捕まえた方が良さげです。モンスターボールの個数とかあまり気にしないでもあちこちで簡単に手に入るので安心かな。

 

※ボールコントロール上手にしてムダにしないようにね。

④野生のポケモンのCPが『???』の場合は気合を入れよう

これ、キャプを取り忘れちゃったんですけど、稀に野生のポケモンのCPが『???』と表示されている場合があります。

 

これはそのポケモンが自分のプレイヤーレベルに対してかなり高い能力(CP)を持ったポケモンであるケースが多いです。

 

僕はまだ数回しか出会ってないんですけど、そのどれもが通常より強いCPを持ったポケモンでした。なので、もしCP表示部分が『???』となっていた場合が気合を入れてゲットしましょう。

⑤ポケモンの捕まえ方には2つのコツがある

IMG_2003

ポケモンの捕まえ方のコツですが大きく分けて二つあります。

 

一つはモンスターボールの投げる際に出てくる緑色の枠が小さければ小さい程捕まえやすいという事。コレは聞いた情報なので本当かどうかわからないんですけどね。タイミングを見計らってボールを投げましょう。

 

もう一つはモンスターボールを投げる時にポケモンが居る方向に向かって正確に指をはじく事。中央に当たれば当たるほどゲットできる確率が上がるような気がしました。方向が明後日の方向を向いていたり、動きが弱いとポケモンにボールを当てられません。

 

利き手の中指と薬指でスマホ上部を押さえて親指でしゅぱっと投げる方法が個人的におすすめです。

⑥ダブったポケモンは「博士に送る」を使おう

IMG_2022

ポケモン捕まえた時とか一番下に『博士に送る』ってボタンがあります。ここをタップするとそのポケモンがいなくなるかわりにそのポケモンを強化する「アメ」をもらう事が出来ます。

(例:タマタマを博士に送れば「タマタマのアメ」がもらえます。。はい。。。もらえます。。タマタマのアメ。)

 

CPが低い方の被りポケモンはどんどん博士に送りましょう。ただ、大事なポケモンは間違えて博士に送ってしまわないようにしっかり『お気に入り設定』をしておくんだぜ。

⑦動かなくてもポケモンはポップする。ただしタマゴは孵化しない。

ダウンロード

ポケモンは動かなくてもポップします。なので家でアプリを起動するだけで遊ぶこともできます。しかし、ポケモンのタマゴは孵化しません。

 

噂によるとプラレールを使って自宅でタマゴを孵化させる方法があるらしいのですが、GPSを利用したゲームなので相当広い部屋じゃないと移動判定を受けられずにいつまでたってもタマゴが孵化しないというような事例も起きているので、気を付けてね。

 

ちなみに、ポケモンのタマゴは時速10km以下のスピードで移動しなければならず、電車や車の移動ではダメです。早歩きくらいがベストかなーと。

⑧ダイエットに最適!楽しく痩せられるぜコレ。

さっき自分で「ポケモン捕まえに外あるきてぇー」って思ったから間違いない。これはダイエットとしてめちゃくちゃ優秀なアプリになるかもしれない。

 

トレーニングやダイエット以外で「外で歩きたい」って思ったの今回が初めてです。

 

最近少したるんできたんでこれを機にダイエットしてみっかなー。

⑨ニョロモ(ポケモン)可愛すぎ

出てくるポケモンが全部可愛いんだけどさ、その中でも可愛さがずば抜けてるやつがいるよなぁーー!?なぁぁあ、ニョロモぉぉおお!(異論は認めない)

IMG_2015

なーーーによこの可愛さはよぉーーー!!ニョロモいいよ!ニョロモ凄いすきなんだよ!なーにこの子。可愛すぎんべー。

 

という訳で僕のパートナーはニョロモに決定したので強化して強化して強化して…

IMG_2016

ニョロゾにしたゾ。かわいいーーーー!口どこいったんだおめぇよぉー! ぐるぐるのとこがいいよね!おもいっきりパンチしても大丈夫そうなぐるぐるが好きです!

 

こんな感じで、自分のお気に入りポケモンを育てていく楽しさを20年振りに感じております。これからもポケモンマスター目指していきまーーーーす!

⑩一日中遊んだ結果はこんな感じ

途中サーバーダウンしてた時とか含めるとかなり移動距離とか時間とか損したんだけど、結果はこんな感じでした。

  • 移動距離約12.3km
  • レベル6
  • つかまえたポケモン65匹(22種類)

ドードーがびっくりするぐらい沢山でる。まじ堂々巡リ。お気に入りモンスターはニョロゾとヤドン!

ポケモンGOで遊ぶ時にあったら便利なモノ

そうそう、今日一日遊んでて「これあったら便利だよ」っていうのが結構あったからオススメしておきます。

※ちなみに自転車は入れるか迷ったけど、自転車乗りながらはさすがに結構危ないので僕は非推奨です。自転車のりながらポケモンGOやってる人何人か見かけたけどすげーあぶねーから回りには気をつけてな!

「手帳型スマホケース」

アプリを閉じてしまうとポケモンがポップしないので、ポケモンを集める為にはアプリを起動し続ける必要があります。しかしゲームで遊んでいるのが回りにばれたくないって人も結構いますよね。

 

そういう時は画面を隠せる手帳型のスマホケースを使用する事をお勧めします。

画面を見えなくするフィルムでもいいんですけど、手帳型スマホケースの場合、ポケモンを捕まえるときに手帳でカメラ部分を隠す事が出来るので盗撮に間違われるリスクも減らせるし、ポケモントレーナー必須アイテムです。

「動きやすい運動靴」

単純ですけど、自分の足になじむ運動靴を履いていった方がいいです。僕は今日一日中歩いていましたけど、運動靴じゃなかったら多分今頃泣いていたと思います(つっても運動不足すぎて今足痛いけど)。

 

履きなれたモノでいいのでしっかり準備した方が良いと思います。ランニングシューズとかが軽くていいですね。

「モバイルバッテリー」

GPSを使ったゲームなので電池の消費量が半端ないです(使い始めて1年くらいのiPhoneで3~4時間使うと電池切れって感じ)。

IMG_2020

一応ポケモンGOの設定画面でバッテリーセーバーってのにチェックすると多少電力消費を抑える事が出来るらしいんですけど、時々画面がフリーズしちゃったりするんで(バグ?)現状使えません。

 

長時間遊ぶとなったらやっぱりモバイルバッテリーは必須かなぁ、と思いました。僕は一回で4回まで充電できるデカいモバイルバッテリー持って出かけましたが、個人的には小型で安いモノの方がいいなぁと。

コレとか安いしコンパクトだからオススメ!

最後に

本当はまだまだ書きたい事があるんだけど、一番伝えたい事があるので最後にそれを伝えて今回は終わりにします。えっとね、ポケモンGOってさ、海外とかでも色々と事件になってるじゃん?で、親御さんとしては『そんな危険なゲーム子供たちにさせたくない』って考えてる人も多いと思うのよ。

 

で、すんげーよくわかる。その気持ち。万が一自分の子供が事故に巻き込まれたらって考えたら怖いし、実際今日一日で何件かポケモンGO関連で交通事故起きそうになったみたいな感じのツイートも見かけたし。でも、たとえそうだとしても、「ポケモンGOをやっちゃダメ」って子供に言わないで上げてほしいのよ。

 

 

ポケモンGOは一応13歳未満(小学生)でも保護者の同意の下であれば遊べるんだけど、『ポケモンGOなんて危ないからやめなさい!』なんて言っても火に油。彼らの遊びに対する好奇心をなめてはいけません。

 

こういう場合はゲームそのものを否定するのではなく、『どうすれば正しく人に迷惑をかけずに遊べるのか』『子供に何かあったら親がどれだけ悲しいのか』という事を教えてあげて欲しいのです。

 

まずは一緒に外に出てポケモン捕まえに行ってあげて下さい。親子の絆だって深まると思いますよ。ポケモントレーナーには親の愛が必要なんです。

スポンサーリンク