PSVRシネマティックモード完全解説!『コレあればテレビ不要!?』

様々な映像コンテンツをVRヘッドセットで楽しむことができるPSVR『シネマティックモード』、映画好きなら誰でも憧れる『超どでかいテレビ画面での映画鑑賞』が可能となります。映画好きの僕としても超楽しみな注目機能でございます。

 

何がすごいってNetflixなどをはじめとする動画見放題サービスなどとも連携し、普段ゲームをやらない層にもアプローチができる所ですよね。

 

そしてふと思ったのです。

 

『コレあればテレビいらないんじゃね?。』

 

というわけで、今や単身世帯、一般世帯両方ともに普及率90%以上のカラーテレビにとって代わる存在になりうる『シネマティックモード』その魅力に迫ります。

スポンサーリンク







PSVRシネマティックモードとは

psvr シネマティックモード

psvr シネマティックモード

シネマティックモードとは簡単に言うと、PSVR本体のディスプレイで動画を鑑賞するモードの事です。VRの空間の中にスクリーンが表示されていてそれを見る、という感じです。

 

スクリーンのサイズはS、M、Lの3段階があり、それぞれ2.5メートルの距離から、

  • 視野角54度で117インチ(S)
  • 視野角71.5度で163インチ(M)
  • 視野角90度で226インチ(L)

のモニター画面を見ているのと同様の体験をすることができます。解像度はサイズが大きくなるにつれて下がりますが、標準のMサイズであれば充分綺麗な映像を観ることができます(PlayStation VRの液晶解像度は960×1080ピクセル)。

 

なんといってもSサイズで117インチってめちゃくちゃ大きいですよ。映像の美麗さに関しては液晶モニターには敵いませんが自宅にいながらホームシアター気分を味わう事ができるなんてワクワクしますよね。

従来のPS4ゲームがプレイ可能

PSVRを被ったままPS4のゲームをプレイする事が可能です。PS4のゲームがPSVR対応になるというわけではありませんのでご注意下さい。PSVRを被ったままPS4のゲームを平面のモニターを見ながらプレイするスタイルです。

 

眼の疲労なんかを考えると長時間のプレイはなかなか厳しいものになるでしょうが、迫力満点な大画面でゲームをプレイしたい時にはいいかもしれませんね。

動画ストリーミングサービス、Torneやnasneにも対応

NetflixやHuluといった動画ストリーミングサービスにも対応しており、シネマティックモードを使って映画やドラマ、アニメを楽しむ事が出来ます。

>PSVRシネマティックモード対応の動画見放題サービス[随時更新]

さらに、torneやnasreといったネットワークレコーダーも使用できるので、録画した番組をPSVRのシネマティックモードを使って視聴する事も出来ます。

 

僕は早くこの機能を使って録画しておいたSAOを全話見直したいと思っています笑

音声出力、音響システムについて

PlayStation VR シネマティックモードでは、2ch・5.1ch・7.1chをバーチャルサラウンドサウンドとして、ヘッドフォンに出力します。

※チャンネル数が多ければ多いほど音に立体感が生まれ臨場感や密着度が生まれます。

肝心のヘッドフォン選びですが、PSVRに付属しているイヤーピースよりご自分のヘッドフォンを使った方がいいですね。ちなみにPSVRは3Dオーディオを実現しているのでヘッドフォンがバーチャルサラウンドに対応している必要はありません。ソニーストアの体験会で使われていたり、ソニーが公式でおすすめされているのは「MDR-ZX660」です。

遮音性も高くデザインもソニーらしいクールな仕上がり。PSVRのヘッドフォン選びにまよったらとりあえずこのMSR-ZX660をこうにゅうしておけば間違いないでしょう。なんてったってSONYのお墨付きですからね。

PSVRのスクリーン(S)相当のテレビを購入した場合

テレビ

自宅のテレビ(50インチ)

実際に僕が家で使っているテレビはシャープのAQUOSの50インチ、4K対応で映像もきれいだし重宝しております。値段をアマゾンで調べてみると、価格は10万円を超えています。たしか購入した時は15万円くらいだった気がしますが。

 

もし117インチのテレビを用意したとすると値段はどれくらいになるのか調べてみたのですが、どうやら一般向けに販売されているテレビで最大のものは大体80インチくらいのもので、それ以上は見つかりません。一般で買えるTVで最大レベルの大きさを誇る70インチのテレビで調べてみると、

70インチでも約40万円くらいします。80インチを超えると100万円台になる商品なんかもあって、なかなか庶民には味わえない高価な代物といえます。

 

映像の美麗さや長時間の使用などは厳しいかもしれませんが、PSVRであればそれらすべてが44,980円(別途PS4が必要)で済んでしまうわけです。お得ですね。

PlayStation Cameraは必要?

PSVRのシネマティックモードを使う場合にPlayStation Cameraが必要なの?という疑問を持っている方が結構いらっしゃって、先日ソニー製品に詳しい方に伺ったのですが、

 

シネマティックモード自体には使用しないが、VRコンテンツでなくともPSVRの初期設定時に必要となるのでPlayStation Cameraは必要、とのことでしたのでご注意下さい。

↓PlayStation Cameraってコレのこと

おそらくPSVRが発売されてから今後様々なサービスと連携するようになると思いますので、そこらへんもしっかりとアップデートして伝えることができたらいいなと思います!

スポンサードリンク