NHKサキドリ↑にてVR特集!ゲーム以外のVRコンテンツを多数紹介!

NHK番組『サキどり↑』にて「話題沸騰!バーチャルリアリティーが社会を変える!?」が放送されました。

 

冒頭のナレーションで『ヘンテコなメガネをかけて大興奮w なにがそんなに楽しいの?』『メガネの中に広がるワンダーランド』、前回Eテレの番組でも言ってましたが、

(参考:サイエンスZEROでVR特集!面白かったけどHMDは『仮想3Dメガネ』じゃない!)

 

どうあってもNHKさんの中ではHMD=メガネなんですね(笑)

スポンサーリンク

サキドリ↑「話題沸騰!バーチャルリアリティーが社会を変える!?」

サキドリ

VRショッピングを体験する菊川怜さん

番組公式ページ:http://www4.nhk.or.jp/sakidori/x/2016-04-03/21/2941/2284236/

番組には司会のジョン・カビラ氏、片山千恵子アナウンサーに加え、先日自身が出演する情報番組『とくダネ』にてホラーVR体験をし、あまりのリアクションにネットニュースにもなった菊川怜さんの姿も。

(参考:菊川怜のVRヘッドセット破壊未遂事件の宣伝効果は抜群?)

 

菊川怜さんは『あれ以来(VR体験は)軽くトラウマ』とコメントしてましたが今回は『住宅メーカーの下見』『VRを使ったイーコマース』『福祉』『医療』など、生活に準拠したテーマのVRの特集だったので、VRに対する見方も変わった様みたいで良かったですw

Psychic VR Labの山口征浩氏、ハコスコの藤井直敬氏ゲスト出演

VR空間でショッピングを楽しむシステムを開発している日本のベンチャー企業『Psychic VR lab』の山口征浩氏、そして段ボール型VRビューワー『ハコスコ』を制作販売している㈱会社ハコスコの社長藤井直敬氏がスタジオにゲスト出演しました。

 

山口氏は『なぜ今VRなのか?』というジョン・カビラ氏からの問いに対し『コンピュータの高性能化や制作ソフトの普及、作り手の多様化』を挙げ、『VRを通して人が活発に生きがいをもってもって暮らしていく世界を作るか事がVR元年に携わる僕らの大きな役目の一つだ』という力強いコメントを残しました。

 

そしてハコスコおじさんこと、藤井直敬さんも出演者に対し、『(VRは)人がこれから進化していく助けになるんじゃないかな』『空間の認識の仕方って2000年3000年変わらなかった、それがVRによって拡張されることで、人類の感覚の仕方、そして社会の仕組みが変わる、変わらざるを得ないんじゃないかな』とコメント。

Twitterでは気さくなおじさんという感じだけど、番組内ではさらっとかっこいい話し方しててぐふふふって思いましたwワードチョイスに科学者感を感じる御方でした。

VRのこれから


番組の最後に司会のジョンカビラ氏が『少し怖いところもあるけど時間と空間を超える可能性があるという気にさせてくれる』とVRにかなり興味関心を持っているようでしたが、このセリフは『この技術が今後発展していったら便利だよなぁ』という願望ベースの感想なんじゃないかなと僕は思っています。

 

VRは初見では大抵皆『おぉ、すごい!』って感動してくれます。でもその体験が次につながる人っていうのはまだまだ稀なケースです。『VR?あぁやったことあるよ』くらいの人が8割、9割です。

 

つまり(僕もそうだけど)、VR体験をして『なんじゃこりゃあ!!すげぇ!!すげぇよVR!ヒャッハー!!』ってなるのはほんの一握りな訳です。

 

今でこそ無条件で喜んでもらえるVRコンテンツも、人々がVR慣れしていけば次第に飽きられ、最終的になんのリアクションも得られなくなってポイってされるようになるでしょう。

 

そういう意味で今回の番組はVRってゲームだけじゃなくて色々な活用方法があるんだよーという事を伝えてくれたのは良かったと思います。

 

でも…日曜朝8時30分は早いよ!もっと、もっとちょうどいい時間でお願い!

 


スポンサーリンク