【Selfie Tennis】対戦相手は『自分』のテニスゲーム!

元テニス少年でマリオテニス64ヘビーユーザーだった僕の心をくすぐるコンテンツのご紹介でございます。

 

その名も『Selfie Tennis(セルフィーテニス)』、先日LAで行われたUnity Vision VR/ARサミットにて『VR Unicorns』から発表されました。

 

セルフィーと聞くと『自撮り』のイメージですけど、『self』には自分とか自己とかそういう意味がありまして、自分VR自分のテニス対決が楽しめるテニスゲームとなっております。

 

エクササイズにもなるしコレ欲しいなぁ。

スポンサーリンク

Selfie Tennis

HTC Viveを装着し『セルフィーテニス』を体験している動画です。コントローラーをテニスラケットに見立て、テイクバックしてラケットを振ることで実際のテニスをプレイしている感覚を味わえます。

 

球を打ち返すと相手側コートに視点が移動します。プレイヤーは若干忙しい気もしますが、エクササイズとしてもかなり効果がありそうです。

 

どうでもいいけど、この動画でゲームをプレイしている人の雰囲気がとても好きです。

セルフィーテニス

VR scout 『Selfie Tennis』  Jennさん

スポーツとメガネの組み合わせって個人的にかなりアリなんですけど、需要ないですかね?海外はこういうスポーティな女性が多くてとてもGoodだと思います。

タグを見るとベニスビーチでプレイしているようですね。関係ないですけど、僕もよくこのビーチにはお世話になったものです。いい天気だなぁ本当。

スポーツ系ゲームと『HTC Vive』

身体を動かすゲームとHTC Viveの相性抜群ですね。限られた空間ではありますが、Lighthouseのトラッキングシステムによりゲームの空間内を移動できるってのは強い。

 

特にテニスゲームは、コート半面分動ければゲームとして成立します(といってもシングルスでも10m四方くらいはあるけども)。

 

それにしても上のGear VRを身に着けている集団の写真…生気を感じないw

スポンサーリンク