5K解像度+視野角210度のHMD『Star VR』がIMAXに向け出荷開始ッ!

Starbreeze社の『Star VR』が遂にIMAXへ出荷を開始したという事がわかりました。個人的にはOculusやHTC Viveを上回る人気が出るんじゃないかとひそかに期待しているHMDだけに私、興奮しております!

 

という訳で企業パートナーであるAcerのプレスリリース等を参考に、解像度5K+両目の視野角210度のハイスペックHMDの既出情報と最新情報の両方をお届け致したいと思います。

スポンサーリンク







ハイエンドHMD『Star VR』とは

star vr

Star VRはStarbreeze社が提供するハイスペックHMDです。プロトタイプの時より若干シャープな形になっていますね。本体の価格については現在も未定なのですが今後の発表を待ちたいと思います。絶対高い(確信)

 

ちなみに僕は以前、Star VRを『VRヘッドセットのラスボス』と形容した事があるんですけど、それに恥じないくらいのバケモノスペックなんですよ。

 

一昔前のグラビアに例えるなら『リア・ディゾン』くらい注目されるべき存在だと思っています。

僕がStar VRにラスボス感を感じる理由(スペックなど)

Star VR

star vr プロトタイプ

  • 現行機種が大体片目2180×1200の解像度対し、2560×1440(5K)
  • 現行機種が大体90度~110度の視野角の所、視野角210度
  • Tobii Technologyがアイトラッキングの技術提供をしている
  • Acerからのデザイン、生産、流通のサポート
  • ゴツい、かっこいい、強い←

 

5.5インチのディスプレイ二枚使って視野角210度あるんですから。210度って言ったら人間の左右の視野を全てカバーするくらいの広さですよ?いやはやとんでもないっすよ本当。

 

たしかToshiba(東芝)さんも技術協賛かなんかで入ってたと思うんだけど、詳細は不明です。

 

このラスボスが遂にロサンゼルスの映画館IMAXから世界中に導入されていくわけです。ワクワクしない訳がないでしょう!

 

ちなみに公式によると、今年中に上海、ロンドン、ニューヨークと展開していくそうです(2016年までに6カ国に展開するらしい)。本当めちゃくちゃペース早いですよね。さすがAcer。

 

日本での導入はあるのか今の所はわかりませんが、情報が入り次第アップデートしたいと思います。

VR映画がもうすぐ見られる!?

IMAXに導入される予定という事は、VR映画が誰でも楽しめるようになるかもしれないって事です。

 

ひとまずは、LAで行われる記念すべき最初のデモンストレーションを待つばかりですが、こちらも詳細がわかり次第追記しますので、お楽しみに!

 

いやぁー、Star VRのようなバケモノハイスペックのHMDで映画が見られるなんて夢のようじゃ。短時間のコンテンツだろうけど、一回辺りの料金や上映時間の基準が出来上がってくると思うんで楽しみですね(Starbreeze側は一回あたり約10ドル前後を検討しているらしい)。

 

わくてかー

スポンサードリンク