VRゲームに推奨されるPCスペックに関する初心者向け解説

OculusやViveといったハイエンド型VRヘッドセットで遊ぶためには別途PCが必要です。そしてVRゲームで遊ぶ為には(作品によりますが)かなりの高スペック(性能)PCが要求されます。その理由はVRゲームは2画面出力(左右の目で見ている映像が違う)の為単純計算で言えば従来の2倍以上の処理能力が必要だからです。

 

一応どのメーカーも『推奨スペック』という形で『これくらいのPCならVRゲームで遊ぶことができます』というボーダーを開示しているのですが、『グラボ??GTX??AMD??なにそれ?』となる方も多いと思いますので、そんな方々に分かりやすい解説をご用意しました。VR用にゲーミングPCの購入を検討している方も多くいると思いますので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク







VRゲームの要求するPCスペック

HMD御三家

とりあえずOculus RiftがPCに要求するスペックを例にしてみていきましょう。

  • Oculus Riftの推奨スペック
OS Windows7 SP1 64bitか、それ以上
GPU(≒グラボ) NVIDIA GeForce GTX 970、AMD Radeon R9 290と同等か、それ以上
メモリ 8GB RAM以上
CPU(プロセッサ) Intel Core i5-4590かそれ以上
ビデオ出力 HDMI 1.3以上
USBポート USB3.0×3、USB2.0×1

これらは『最低限これだけあれば遊べますよ』というラインです。実際これ以下のスペックでも遊べるんですけど、ゲームによってはカクカク不可避な状態になる事もあります。

 

で、今回皆さんに最低限知っておいてもらいたいのは黄色で塗りつぶした項目です。

  • GPU
  • メモリ
  • CPU

一つ一つ解説していきます。

GPU(Graphics Processing Unit)じーぴーゆー

GPU(≒グラボ) NVIDIA GeForce GTX 970、AMD Radeon R9 290と同等か、それ以上

GPUとは画像解析度、発色数、表示周波数、描画速度を向上させる働きをする役割を持っています。簡単に言えば、グラフィックの性能の良し悪しを決める所です。映像が滑らかぁ~に動くかどうかはここの性能次第なので、VRゲームにおいて最も重要な役割を持つ部品の一つといえるでしょう。

 

ビデオカード、グラフィックボード(グラボ)、グラフィックカード、etc、とかいろいろ呼び名が変わる事もあるけど、これら全部GPUの事だと考えちゃってオーケーです。

 

要求スペックにある『NVIDIA』『AMD』 ってのは世界的に有名なGPUメーカーの名前で、そのあとの『GeForce GTX』とか『Radeon R9』は両社のシリーズ製品名です。基本的に製品名後半の数字が増えていくほど新しく、性能も良くなっている、と覚えておけば問題ありません。

 

※AMDはCPUメーカーですが、カナダのATI社を吸収し世界的に有名なGPUメーカーとなりました。

メモリ

Transcend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 4GB 1.35V (低電圧) - 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM (無期限保証) TS512MSK64W6H
メモリ 8GB RAM以上

メモリー(memory)=記憶、文字通り一時的にデータを記憶しておく為の部品です。もっと詳しく言うと、保存場所であるHDDからデータを処理するCPU(後述)に渡すデータを置いておくための部品で、数値が大きければ大きいほど性能が良いとされます。

 

RAMは(Random Access Memory)というコンピュータのメモリ装置の一種で、データの消去、書き換えが可能且つ装置内のどこに記録されたデータも等しい時間で読み書きできる性質を持ったもので、メインメモリそれ自体をRAMと表記する場合もあります。

CPU(Central Processing Unit)しーぴーゆー

 

CPU(プロセッサ) Intel Core i5-4590かそれ以上

CPU(=プロセッサ)はプログラムによって色々な計算や情報処理、機器制御を行うもっとも大事な部品。人間でいう所の『脳』によく例えられたりします。

 

Core i5というのはIntelが発表している(Core i)シリーズの製品名で、後半の数字が大きくなればなるほど性能が良い(新作)であると覚えておきましょう。CPUを製造しているメーカーは『Intel』と『AMD』(GPUの所で出てきたのと同じ会社)が有名なのでコチラも同時におさえておきましょう。

まとめ

というわけで、機械の苦手な初心者向けにGPU、メモリ、CPUについて解説をしていきました。一応簡単におさらいすると

  • GPU→『NVIDIA』『AMD』が有名
  • CPU→『Intel』『AMD』が有名
  • 基本数字が大きければ大きいほど良い

価格とかコスパとかは今回全無視していますが、とりあえずこの3点を頭に入れておけば今後VRゲームで必要スペックがどうたらこうたらって書かれている文章に出会っても多少は理解できるのではないかと思います。

 

技術系のメディアだとどうしても専門用語とか英語が多すぎて、初心者が置いてけぼりになってしまう事も多いので、今回こういった記事を書かせていただきました。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

 

スポンサードリンク