Unity最大の公式イベント[Unite 2016 Tokyo]に潜入してきたヨ!

東京お台場にて4月4日、5日の二日間に渡り開催されているUnity最大の公式カンファレンスイベント『Unite 2016 Tokyo』にプレスとして潜入取材をさせて頂きました。

 

Unityの最新機能やらゲーム開発の最前線におられるプログラマーの方々達のお話は勿論、VR関連のワークショップや体験ブースも多数用意されており、コアなUnityユーザーから初心者まで楽しめる素敵なイベントで、大変勉強になっております。

 

スケジュールの都合が合わずに会場にこれなかった人の為に、お台場ヒルトンホテルよりイベント情報をお届けしたいと思います!(個別記事も随時追加しますのでお楽しみに!)

スポンサーリンク

Unite 2016 Tokyo ~会場入り口~

unite tokyo 2016

会場はお台場のヒルトンホテルにて行われ、協賛に任天堂、Play Station、Microsoft、Oculus、Intelといった名だたる大企業達が名を連ねております。

 

会場入り口にはUnity公式のオープンソースアイドルこと『ユニティちゃん』のコスチュームを身にまとった可憐な女性や、いくつかの企業ブースにコスプレしたキャンペーンガールの方々がいて会場に華を添えていました。こういうの大事だよね!

unity 物販会場受付を通り過ぎると、物販コーナーも完備!Unity2016 Tokyoの公式Tシャツやユニティちゃんが販売されておりました。バンバン売れてたぜ。

ユニティ 物販 本

Unityの使い方を解説した本も多数販売されていました。初心者向けから上級者向けまで様々な本が販売されています。

Unite 2016 Tokyo ~企業ブース~

IMG_1416

会場にはUnityで開発されたゲームや技術を体験可能なブースがあり、PSVRやOculus Riftの体験も可能です(事前整理券をもらっておく必要あり)。

PSVR unite

PSVR 体験ブース

PSVRのブース。飛んでくるサッカーボールをひたすらヘディングする『Headmaster』が体験できます。

Oculus

オキュラス 体験ブース

オキュラスの方は『Lucky’s Tale』や『Fly to Kuma』をはじめとする全6作品の中から自由に選んで遊ぶことができます。

オキュラス ゲーム

他の企業ブースでも面白いものがたくさんあったので、これも後ほど個別記事を書きたいと思います。お楽しみに!

unity ゲーム

注:上の画像はUnityを使った作品の一部であり、VR作品ではないものも含みます。

Unite 2016 Tokyo ~プレゼンルーム~

ユニティテクノロジーズジャパン 日本ディレクター大前広樹氏

ユニティテクノロジーズジャパン 大前広樹氏

加えて、ユニティテクノロジー、日本マイクロソフト、ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)、Oculusといった企業のスペシャリストによるプレゼンテーションが行われるルームがセッション別に3つ用意されています。

Unity 2016 Tokyo

基調講演での吉田修平氏

基調講演を除きGreen Sessionは万人向け、Orange Sessionは開発者向け、Black Sessionは専門的開発者向けとレベル別に分けられているので、初心者でも楽しめるわけです。

 

公演の許諾がとれたコンテンツに関しては公式ホームページにてプレゼン資料や公園動画を配布するそうなので興味がある方はぜひご覧になってみてください。

イベントは明日4/5まで


 

現在会場内よりこの記事を執筆しているわけですが、本イベントは明日まで行われておりますので、将来VRのコンテンツを作りたい人やUnityについて学びたい人はぜひ会場まで足を運んでみてください!

 

僕もプログラミングはからっきしでしたが、これをきっかけにUnityについて勉強を始めるかもしれません。かも。


 

スポンサーリンク