【VR ミッション:25】感想&見どころ!先行試写会チケットプレゼントします!

11月19日(土)に池袋HUMAXシネマズやヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で「VRミッション:25」(原題「THE CALL UP」)が公開されます

©The Call Up Limited 2015

©The Call Up Limited 2015

ネタバレはもちろんできませんが、ストーリーのあらすじ映画の見どころをまとめてみました

※記事最下部に試写会チケットを先着でプレゼントする企画を用意したので興味がある人はチェックしてね

スポンサーリンク







あらすじ、ストーリー

【STORY】参加者8名、主催者:不明。裏切りのデスゲーム、開戦。

近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを始める。リアルな戦場さながらのゲームの世界に興奮するのも束の間、彼らはすぐにこのゲームが罠であることに気づく……。

VR体験を可能にする高分子マトリックス製スーツとヘッドセット

%e3%82%b5%e3%83%961

内蔵された54の振動装置のついたスーツ、顎と頸椎で固定するタイプの高性能ヘルメットにより、体験者たちは限りなく実戦に近い感覚フィードバックを得ることが出来ます

拳銃を撃てばその反動はリアルに再現されるし、ショットガンで撃たれれば体が後ろにぽーーんっと吹っ飛びます

 

最初は和気あいあいとしていたプレイヤー達も、とある場面で痛覚がリアルに再現されている事に気づき、恐怖のどん底に陥れられる事となります

 

ゲーム内で受けた傷は支給品アイテム「メディパック」でしか回復出来なかったり、ステージをクリアしていくと新しい武器や支給品が手に入る等、ゲームっぽい設定が面白かったです

 

見どころやポイント

%e3%82%b5%e3%83%967

僕は映画評論家でもなんでもないけれども、仮にこの映画の見どころを書くとするならば以下のような感じ

  • ところどころにちりばめられたゲームっぽい設定
  • 回復アイテム「メディパック」を巡ったプレイヤーの心理描写
  • ゲーム主催者とその狙い
  • 参加者に選ばれた8人の共通点

 

ライフがゼロになって死ぬ描写とか傷の描写とかが結構グロくて怖かったんだけど、年齢視聴制限はないっぽいです

キャストなど

監督・脚本:チャールズ・パーカー 製作:マシュー・L・ウィルキンソン、ジョン・ジワ=アムー
出演:マックス・ディーコン、モーフィッド・クラーク、アリ・クック
2016年/カラー/DCP/90分/英語/イギリス/原題:THE CALL UP
提供:日活 配給:REGENTS、日活 宣伝:ポイント・セット 協力:松竹
©The Call Up Limited 2015
公式サイト:www.vr-mission25.jp

試写会チケットを先着20組(40名様)にプレゼントします!

vr_logo_jpn-small

実は本作が公開される11月19日(土)に先立ちまして、一般向け試写会が11月7日(月)に読者の方をご招待するプレゼント企画を行います!

試写会のお知らせ

■日時:11月7日(月)
■18:30開場/19:00 開映
■場所: 北とぴあ つつじホール(北区王子1-11-1 北とぴあ3階 )
■最寄駅:JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分、東京メトロ南北線王子駅5番出口直結
■ご招待人数:20組40名様(試写状1枚につき2名様ご覧いただけます)

「あおぞらVR」では試写会に参加できるチケットを先着20組(40名様)用意しました!

というわけで「VR ミッション:25見たい!!」って人は以下のあおぞらVRのLINE@を登録して「VR ミッション:25の試写会チケットください」とメッセージを送ってください!

※PCでアクセスしている方はお手数ですがスマホでアクセスお願いします

 

受け渡しの方法は今のところ直接お渡しする事を考えていますが、郵送の対応も検討中です!

 

先着順なので、なくなり次第終了なので興味がある方はお早めにーー

※追記:現在残り2枚です

スポンサーリンク