VR×アダルトが普及する未来に男女平等社会の可能性を見た

ゲームコンテンツ、体験型アトラクション、様々な方法で新しい体験を提供し続けるVR業界、日本ではまだまだ普及に時間が掛かりそうですが、アメリカでは既に大きな盛り上がりを見せています。

特にVRとポルノ(アダルト)コンテンツの組み合わせは収益的にみても2014年~2015年の間に急成長しています。オキュラスリフトを使い360度見渡さえるアダルト動画作成をする企業も既にいくつも存在しています。

VRには興味なくても、Hなコンテンツに興味がある男性は多いですし

個人的には若干不本意ではありますが、日本でもVRが大きく流行するのは「アダルト業界」なんじゃないかなと予想しています

アダルト産業ってのはいつの時代も強いですからね。実際日本でもDMMさんとか、TENGAさんとかはVR関連のプロジェクトもありますしね。

あ、ちなみに不本意といったのは、世間でVR=アダルトみたいな観念が定着して、女性離れが加速しそうだなぁという懸念からでそれ自体を否定しているわけじゃありません(ただでさえVR市場は男性ばかり笑)。

というか、ポジティブな視点で見ればVRの流行、普及促進は勿論、女性の目指す【男女平等】の社会を実現する第一歩になるんじゃないかなと思いました。

いきなりのVRポルノと男女平等社会発言に「は?」「何言ってるのこいつ?」って思った方もいるかもしれないですけど、大真面目に書いたのでよかったら見てってください。

本記事内容はあくまで批評を目的としているものですが、紹介する参考動画の中には性的表現が含まれているので、18歳未満の人は動画を再生しないでね

スポンサーリンク







VRで生まれるデジタル恋愛の形

動画「The Digital Love Industry」は30分間と若干長い動画ですが、時代と共に変わる「デジタルと人間の愛の形」について分かりやすく説明されているのでオススメです(日本語字幕あり)。

VRLAのCo-organizerであるJonnie Ross氏は真剣な面持ちで「俺はスター・ウォーズの世界で女性とヤるのが夢だ」と語っています(動画4:33辺り)。

VRを人の性的欲求を解消するためのデバイスとしてVRの世界にどっぷりと浸かってしまう人もいるかもしれないけれど、遠距離恋愛中の恋人同士をつなぎとめる方法にもなりうるかもしれない。とレポーターが言うとRossはこう返しました。

VRポルノには長所と短所が存在しているが、以前より選択肢が増えたという事自体が人間の進化

あらゆる技術には長所と短所があるわけで、悪いところだけ見ていたらいつまでたっても人間は成長しないのかもしれません。

VRポルノには正直ちょっと抵抗感、不快感もあったけれど、そこまでいうんだったら、よし!もっとポジティブに真面目にVRポルノについて考えてみようと思う。

【最重要課題】パートナーの質感の再現

テスラスーツ

引用Teslasuit

これからのVRポルノ技術にひつようなものといえば触感ですよね。実際にそこに存在しているという感触があって初めて「VRってアリだよな」ってなる。

なので昨今の「現実に帰れなくなる」とか「3次元の女なんていらない」ってのはちょっと言い過ぎかなと思ってます。

現在クラウドファンディング上でも上記のTeslasuit(テスラスーツ)とか、スーツタイプのウェアラブル端末が多数あります。ただ、これらでは細かい質感(固い、柔らかい等)湿度、温度を表現することは出来ません

基本的にはスーツを振動させて疑似的なフィードバックを得られる程度で、現実の触感からは程遠い。

それでも再現できる感触はあるだろうし、技術としては凄いワクワクする。でもバイブレーションじゃやっぱり違うよねって話になると思う。

ラブドールを使えば触感は再現できる

以前、HMD(オキュラスだったかな)に唇の形をしたグミを装着して、少女が画面に迫ってくる映像と連動してグミを使用者の唇に触れさせることで擬似キスを体験できる、ってのがあったけど、

それと同じように、わざわざスーツを使わなくても人形そのものを準備すればいいんじゃないかなぁ、と思います。

ちょっとこの動画を見て下さい

精巧な人形をつくるアーティストのドキュメンタリーですが、すでに人形制作の技術はこれほどまでに進歩しています。日本でもかなーーーり精巧な人形(通称ラブドールというらしい)あるよね。

収納場所の問題とか、第三者に見られた場合の言い訳とか色々課題はあるけどVRと人形、そこに人工知能が加わりでもしたら、爆発的にヒットするでしょ(女性の支持はさらに遠のくか?)。

VRの普及と少子化は日本には関係ない?

VR(仮想現実)での性行為が一体人類にどのような影響を与えるかは実際そうなってみないとわかりませんが、よく聞かれるのが少子化問題です。VRセックスの普及を人類滅亡のカウントダウンと唱える人も居るくらいです。

海外ではコレに反対する大きな団体とかもいて社会問題になってますが、実際の所どうなのでしょうか。

VRセックスは少子化を促進することになるのでしょうか

少なくとも日本ではあまり関係ない、というのがあおぞらVRの意見です。

日本の少子化の原因って、経済的な理由とか、異性に対するコミュニケーション能力不足、家族に対する愛情不足、だと思うんです。

だからVRでの性体験なんてのはAVをみてマスターベーションをしているのとなんら変わらないと思う。現実は現実、自慰は自慰で使い分けが出来る人間の方が圧倒的多数だろうと。

とどのつまり、バーチャルセックスも男の子がエロ本もったりAVみてるのと大した違いはないって思うんですよ。

むしろVRがリアルになればなるほど、対人コミュニケーション能力が向上されて、異性と円滑な関係を築けるようになるんじゃないかな、とすら思います。

それか、VRにはVRのパートナー、現実には現実のパートナーが居るってのが一般的になるかもしれない。

異性に対してお金を使う必要がなくなる

僕の周りにも女性を口説くために高いレストランを予約したり、高価なプレゼントを購入する男性が数多く居ます。

実際交際に発展する確率がどのくらいかはわかりませんが、男性なら一度は経験したことあるでしょう。

人は寂しがりやの生き物で出会いを求めてお金を散財します。人との出会いを介する事業はいつの時代だって丸儲けだし、若くて綺麗な女性は男性にちやほやされています。

しかしVR技術が進化して仮想空間内に理想のパートナーがいれば、自然とそういった事もすくなくなってくるのではないかと思います。

仮想空間内に擬似恋人を持つことで心に余裕が生まれ、色眼鏡なしで現実の異性を見ることが出来るようになった結果、無駄な出費や浪費は少なくなるでしょう。

人を外見や性別で判断しない社会へ

仕事面ではどうかわかりませんけど、男性って女性に対して「性的な目線」を持ってるから女性差別とかに繋がると思うんです。

だからVRで現実並の充足感、満足感を与えることができれば、現実でのセクハラだって性犯罪だって減るはず。

むしろVRで正しい性への考え方を教育することだってできそうですよね?

そうすればれば女性の求める「男女平等社会」だって実現される可能性あると思います

変な話、どんなに悶々したって家に帰れば自分の理想を再現したパートナーがいるんだから、特定の異性に媚を売ったり、特別扱いする必要だってなくなるんですから

 

スポンサーリンク