春のお台場デートにおすすめ!?室内VR遊園地『VR ZONE』が4月にオープン!

バンダイナムコエンターテイメントが最新VR技術を駆使し、さまざまなVRアトラクションを体験できる『VR ZONE project i Can(以下 VR ZONE)』をダイバーシティ東京プラザ3Fにオープンすることを発表しました。

 

2016年4月15日(金)から約半年間の期間限定ですが、混雑回避のためにネットでの予約が必須との事。

 

お台場の屋内型エンターテインメント施設といえば『ジョイポリス』一択でしたが、この春はダイバーシティでVR体験で決まりですね!この春のデートにもおすすめですよー。というわけで『VR ZONE』の詳細をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

さあ、取り乱せ。『VR ZONE Project I can』

さあ、取り乱せ。中々挑発的なキャッチコピーですが、『VR ZONE project I can』で体験できるVRコンテンツはその言葉に納得できるクオリティのコンテンツが盛りだくさんのようです。

 

全てのアトラクションは有料で大体¥700~¥1000くらいのレンジに収まっています。支払いはバナコインと呼ばれる電子マネーで支払います。施設エントランスにてご購入(チャージ)して使います。ジョイポリスとかと同じですね。なんか未来っぽい。

 

オープン時に導入されるコンテンツは全部で6種類だそうですのでざっと紹介していきますね。(営業期間内に追加変更される事もあります。)

『高所恐怖SHOW 』『スキーロデオ』 『リアルドライブ』

vr zone 2

左から、高所恐怖SHOW 、スキーロデオ、リアルドライブ

高所恐怖SHOW:地上200mに飛び出した細い板の先に取り残された猫を助ける度胸試し系ゲーム。体験料金930バナコイン(¥1000)

 

スキーロデオ:崖が切り立つ広大な雪山を滑り抜けるエクストリームスポーツ体験ができるゲーム。体験料金651バナコイン(¥700)

 

リアルドライブ:実写さながらの挙動でスポーツカーを運転するレーサー気分を味わう事ができるゲーム体験料金651バナコイン(¥700)

『脱出病棟Ω(オメガ)』『トレインマイスター』『アーガイルシフト』

vr zone アトラクション

左から、脱出病棟Ω(オメガ)、トレインマイスター、アーガイルシフト

脱出病棟Ω(オメガ):廃墟になった病院を舞台に繰り広げられる恐怖体験。複数の体験者と同時にプレイするホラーゲーム。体験料金1人当たり744バナコイン(¥800)

 

トレインマイスター:JR山手線の運転業務をリアルに再現したゲーム。職業訓練用としてつかえそう。体験料金651バナコイン(¥700)

 

アーガイルシフト:かわいい少女と一緒にロボットのコックピットにのって戦う男が憧れるシチュエーションを体験できるゲーム。体験料金651バナコイン(¥700)

デートにおすすめなのは『脱出病棟Ω(オメガ)』

これらのアトラクションはイベント期間中に随時変更、追加される可能性がありますが、この6つの中でデートにおすすめなのはやはり『脱出病棟Ω(オメガ)』かなと。

 

複数人で体験できるし、デートにホラーって結構定番じゃん?怖がってる彼女を守ってあげたり、二人でわーきゃー言い合うのも楽しいじゃないか。(僕は絶対に嫌だけれど)

 

4月ってお化け屋敷のシーズンとしてはまだ早いし、ダイバーシティ東京でショッピングしながらサプライズでVR体験なんて乙じゃないかw

 

あ、でも以前にも『VRホラーゲームが怖すぎて『一刻も早くゲームを辞めたい』と思った』で書いたけど、VR×ホラーは怖すぎるから本当に自己責任でやってねw

 

お化け屋敷とかと違ってあいつらマジで襲ってくっから!!w怖がりな人だったらたぶん泣くぜ!(確信)

イベントは10月の中旬まで(予定)


 

営業期間は2016年4月15日(金)から半年間10月の中旬くらいを予定しているそうです。

 

しかし今回の試みが好評なら今後、このような直営店での運営、アミューズメント店舗でのコーナー展開、アミューズメント施設以外の店舗への設置なども実施されるそうなので、身近にVRを体験できる機会が増えるかもしれません。

 

予約受付は2016 年4 月8 日(金)正午からスタートしますので皆さん忘れないでね!


スポンサーリンク