フィクション作品におけるAR・VR関係ウェアラブル端末まとめ

期間限定!【VR】表記商品2,500円以上購入でPSVR、Gear VRが10名ずつに当たる!

フィクション作品(主に漫画やアニメ、映画)で使われているVR、ARに関するウェアラブル端末を紹介していきます。

 

紹介するウェアラブル端末の定義は文字通り「身につけて(装着して)使っているか」という1点のみです。

 

体内通信で使うナノマシン(メタルギアシリーズ)や体内に差し込むプラグ(映画マトリックスシリーズ)は「身に付ける」という表現にはそぐわないので却下しています。

 

少し前まではAR・VRのウェアラブル端末はSFの世界だけに存在する夢のまた夢のデバイスでしたが、今となっては近い将来実現する可能性のある物も数多くあるかと思います。

スポンサーリンク







①非透過型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

商品リンク

頭部に装着して外部の視覚情報を遮断して映像を映し出すデバイス。Oculus RiftやGear VRと同じジャンルの装置。

フィクション作品では専らVR(バーチャルリアリティ)=仮想現実世界を体験するツールとして使用されている事が多いですね。

あらゆる情報の共有・検索が瞬時に可能に!【攻殻機動隊】

非透過型hmd

アニメ 攻殻機動隊

TwitterやSNSで様々な情報をハイスピードで検索できる時代になりましたが、未だに自分が求めている情報にたどり着くためにはいささか時間がかかりますよね。

 

攻殻機動隊のHMDは脳に直接、膨大な数のマイクロマシン(ものすごく小さい機械)を注入し、神経細胞とマイクロマシンを直接接続して、電気信号を受け渡すことでインターネット上に直接アクセスすることができます。

 

ネット上の情報をダウンロードするのではなく直接身を投じて自分に情報を取り込む所から瞬時に情報を共有する事が可能になります。

 

ゲームオーバーで脳が焼けるヘルメット型HMD「ナーヴギア」【SAO】

ナーヴギア

アニメ ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン(SAO)に登場した「ナーヴギア」という名前のヘルメット型のHMD。ハードの内側から発する多重電界でユーザーに仮想の五感情報を与える

 

感覚器官を介さないので、生成された仮想空間で走り回っても現実の身体は動かず、痛覚もペインアブソーバ機能によって遮断されます。

 

ただ、SAOをプレイするとゲームクリアまで自動でログアウトが出来ないばかりかゲームオーバーになると電子パルスが脳を焼き、着用者を死に至らしめる危ない設計のHMDなので注意が必要です。

セキュリティ面を考慮した新型HMD「アミュスフィア」【SAO】

アミュスフィア

アニメ ソードアート・オンラインⅡ

前述のナーヴギアより安全性の優れたHMD。脳の破壊を物理的に不可能なレベルまで電子パルスの出力を弱めているそうです(そのせいでナーヴギアよりは解像度が落ちる)。

 

見た目は市販のHMDにかなり近いですね。尿意や便意、心拍数の上昇など、身体に一定の負荷や生理反応、外部からの刺激が見られた場合強制的にゲームからログアウトする機能が付いています。

 

安全に使いたいならナーヴギアよりにアミュスフィアですが、VR体験でテンション上がって心拍数も上がって強制ログアウトする事案が発生しそうです。

身体の感覚を一切遮断、医療用HMD「メディキュボイド」【SAO】

メディキュボイド

アニメ ソードアート・オンラインⅡ

医療用に開発されたベッドと一体化したHMD。ナーヴギアの数倍の電子パルス出力機能があり脳だけでなく脊髄までカバーしている。

 

痛みに苦しむ患者の治療、延命装置、終末医療の最新技術として開発されました。

日本教育システムのリセット!?次世代ゲームマシン「コクーン」【名探偵コナン】

コナン コクーン

劇場版名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」

『名探偵コナン』劇場版シリーズの第6作品目に登場した次世代ゲーム機【コクーン】。

 

仕組みの資料がほとんど無いためあまり詳しくは記載できないのですが、前述したSAOや攻殻機動隊のそれと大差ないと思われます。

 

本来は5つの生成された仮想現実のステージを楽しむ体験型ゲームでしたが、人工知能ノアズ・アークに占拠された事により、SAO同様【死のゲーム】としてコナン君達を苦しめました。

②メガネ型(透過型)HMD

Google Glass グーグル グラス 開発者向け

商品リンク

厳密に言えばメガネ型ウェアラブル端末もHMD(ヘッドマウントディスプレイ)なのですが、メガネ型デバイスはVR(仮想現実)というよりはAR(拡張現実)の機能を備えているので分けて紹介することにしました。

 

メガネを通して様々な情報を付加することができる端末で「Google Glass」の様に既に商品化されているものもあります。主に単眼の物が多いですね。

ズーム機能もあるよ!追跡メガネ【名探偵コナン】

コナン 追跡メガネ

アニメ 名探偵コナン

発信機の電波を端末がキャッチして居場所を特定する名探偵コナンに登場する便利アイテムです。

 

ARカーナビシステムに近い感覚かな。道順を実際に映し出してくれるので、地図が読めない人も安心ですね。いつもメガネ周りに表示されている謎の記号は一体なんなのか気になっている人は多いはず。

光線だって出る!様々なAR機能がついた電脳メガネ【電脳コイル】

電脳メガネ

アニメ 電脳コイル

インターネット利用は勿論の事、電脳ペットを映し出して飼う事が可能。インストールするソフト次第で様々な事が出来て中には(違法ソフトだが)光線を出すことが出来るソフトもある。

 

相手の強さが分かる!「スカウター」【ドラゴンボールZ】

スカウター 透過型HMD

アニメ ドラゴンボールZ

相手の強さを数値にして表してくれるすぐれもの。デバイスの許容量を超えるとボンッと爆発してしまうので目に怪我をするリスクがあるので気をつけましょう。

 

相手の筋肉量、身長、体重をスキャン、動きの特徴から総合的な強さを導き出す、みたいな仕組みなのでしょうか。

カードゲームを手軽に3Dで!「D・ゲイザー」【遊戯王ZEXAL】

D・ゲイザー

アニメ 遊戯王ZEXAL

遊戯王ZEXALに登場するD・ゲイザーは遊戯王OCG専用のウェアラブル端末です。

 

使用するカードのデータを瞬時に読み取り実写化するホログラムを生成します。映像なので誰でも安全に使用できるはずなのですが、プレーヤーがプレイ中にダメージを受けるとなぜかダメージが通るという謎の仕組み。

 

おそらく脳の痛覚を与える部分にも影響を与えている?

ジリオン専用?ホワイトナッツの「ヘッドギア」【赤い光弾ジリオン】

akaikoudan jirion

アニメ 赤い光弾ジリオン

1987年に放送されたアニメ【赤い光弾ジリオン】で戦闘時ホワイトナッツの3人が頭部に装着しているHMD(ジリオンとは当時セガが発売していた光線銃のおもちゃ)。

 

ジリオンの照準やレーダーおよびセンサーとしての機能、仲間同士で無線交信を行う機能が付いている。

あなた専用コンシェルジュ【ウェルサ】【世にも奇妙な物語】

よにもきみょうな ウェルさ

世にも奇妙な物語 幸せを運ぶ眼鏡

ウェアラブルライフサポーターの略で、道案内機能や骨伝導スピーカーによる情報伝達、AIによる会話、検索、自分にあった商品選定をしてくれるデバイス。メガネ型だけでなくコンタクトレンズ型もある模様。

 

わからないことは全てウェルサが調べて検索してくれるので、考える力、記憶力が一気に衰退しそうなウェアラブル端末ですね。

その他のVR・AR系ウェアラブル端末

AR・VR機能に特化した「ニューロリンカー」【AW】

ニューロリンカー

アニメ アクセル・ワールド

首元にかけてる使うウェアラブル・コンピュータで、映像を写しだすAR機能(授業のノートや電子マネー決済)や生成された仮想ネットワーク内に意識をダイブする事も可能。

 

仮想世界に行く際には実際に「ダイレクトリンク」と発声する必要がある(ボイスコマンド)。ちょっと恥ずかしい。

ホログラムでカードの絵を実体化!「デュエルディスク」【遊戯王】

デュエルディスク

アニメ 遊戯王

カードを腕に装着したガジェットにセットするとそのカードの情報を読み取り3Dにして投影してくれるデバイス。上で紹介した遊戯王ZEXALのDゲイザーよりはスペック面ではおとるものの、ダメージがプレーヤー通る仕様はそのまま。本格的なデュエルも楽しめます。

原作では投げて使うタイプのデュエルディスクも登場しました。

仮想空間での恋愛を楽しむスーツ【ルサンチマン】

るさんちまん スーツ

漫画 ルサンチマン

コチラはスーツ型のウェアラブル端末で、仮想データを元にスーツに負荷をかけまるで現実に触っているかのような感覚を味わうことができる。

 

実際に開発されたら文字通り、現実に存在する異性や恋人を諦める人が増えていきそうですね。

スーツ型ウェアラブル兵器【アイアンマン】

超合金×S.H.Figuarts アイアンマン マーク44 ハルクバスター

映画アイアンマンで使用されたパワードスーツですね。無数の小型ミサイル、火炎放射器などが搭載されており、両手から発するジェットで空を飛ぶことも可能です。

頭部のマスク部分は気温や湿度など外部情報を的確に表示し、様々な演算機能の他、通話機能も備えています。

まとめ

いかがでしたか。中にはまだまだ実現には程遠いものもありますが、いくつかのデバイスはそれに近いものがすでに開発されているものもありますね。

全て実現してくれたらどれだけいいか。未来が楽しみです。

スポンサーリンク