VRは生まれたばかりの赤ん坊。『VR元年』を正しく認識しよう。

先日とある記事で『VRは発表時に既に”終わってた”んじゃないか?』という旨の記事を発見しました。

 

近頃メディアがこぞってVRを取り上げ初め、強烈な盛り上がりを見せる一方、需要と供給のアンバランスさ、依然として高い価格水準(ハイエンド型に限る)といった、現実とのギャップに嫌気がさしたユーザー達は『VRが一過性のブームである』と感じて始めている人が多いそうです。

 

でも、そんな風に感じている方は『VR元年』という言葉をもう一度よく見なおしてほしいのです。

スポンサーリンク







VR元年は流行の年ではなく始まりの年

 

2016年は『VR元年』と呼ばれメディアやイベントでも注目される技術となりました。しかしVR元年というのはVRが流行する年ではなく、いわゆる始まりの年です。人間で言ったら生まれたての赤ん坊(のようなもの)です。

 

海外メディアでも『Year of VR(VRの年)』と表記され、『元年』という意味こそ含まれていませんが『VRがブレイクスルーをする年』『VRブームの生まれ年』というニュアンスで使われている場合がほとんどです。

 

なので今は『それでも使ってみたい!』というコアなユーザーだけが踏み込んでいる段階で、皆が無理してVRを求めようとしなくてもいいと僕は思っています。なんにも言わなくても好きな人は好きですからVRって。買う人はどんなに高くても買います。

 

たしかに『いつまでたっても届かないVRデバイス』にもどかしさを感じる事もあります。一通り機材を揃えるのに一般社会人の初任給と同じくらいかかってしまう事に驚きを禁じ得ない時もあります。

 

しかし、VRはまだおぎゃーおぎゃーと産声をあげた赤ちゃんなのです。人間の赤ん坊は自分の足で立ち上がって言葉を話すまで数年かかります。VRも同じです。一般家庭に普及するまでには数年間の時間がかかるのです。

 

最近のメディアでもよく耳にするだけに『VR』といフレーズを食傷気味に感じている人も多いかと思いますが、それは赤ちゃんが生まれた時に嬉々としてSNSに写真をアップしまくる親御さんたちだと思って出来れば暖かく見守ってw 僕ら(彼ら)はただの愛すべき親バカ達なのですから。

それでも『VRは終わっている』という人には

上記のような事を理解してもなお『VR興味ない』って言う人、あなたの周りにも少なからずいると思います。その場合、好きになってもらうように色々と努力するのはいいんですけど、自分の好みを押し付けるのはやめましょう。

 

納豆嫌いな人が、どんなに周りから『この納豆マジウマだから食べてみ?』と言われてもうざいだけなのと同じで、彼らは彼らなりの意見や考え方があります。VRは『高すぎる』『酔う』『つまらない』もっともです。

 

これからそういった問題点を無くすために皆さん必死になって研究、開発していますが、現状は彼らの意見はもっともなので、悪意を持った批判などではない限り、静観しましょう。

 

一言

ちなみに僕の周りでも『こんなん流行るわけない』『普通のゲームで十分』という人いっぱいいます。でも、別にそれでいいんです。

 

そのうち『うわぁーVRすっげー!ぶっしゃー!』となる日が来る事を期待してワクワクしていますが←

というかマーケティング的な観点から言うと、否定派、反対派の意見は流行やブームを作るうえでかなり重要な存在だったりするらしいですよ。とある優秀なウェブマーケターの方が『異論反論が世論を作り流行を作る』とか言ってましたし。

 

今回の記事で何を言いたかったというと、VR市場は初期市場からメインストリーム市場に徐々に移っていく段階であり、そこらへんをきちっと理解しておくと変に期待せずに肩の力を抜きながらVRの現状を楽しんでいけるよって事です。

 

僕は今までと変わらずVRの楽しさをお届けして、1人でも多くのVRファンを作れるように情報発信していきますので応援よろしくおねがいしますー。

スポンサーリンク