大切なのは『清潔さ』!VRイベントに衛生面の配慮は必須!|あおぞらVR動画
リスク・課題

大切なのは『清潔さ』!VRイベントに衛生面の配慮は必須!

未だにVRイベントに行くと、体験者が使うごとにヘッドセットをちゃんと拭かないイベントモデレータの人が居て、思わず絶句してしまう事があります。

 

勿論きちんと拭いてくれる所も多いのですが、

  • あれ?それ除菌シートじゃなくてメガネ拭きじゃない?
  • そのシートさっきから何回つかってんの?もうカッサカサだよ…
  • HMDはちゃんと拭いてるけどヘッドフォンが汗でベタベタ

といった事も割とよくあります。僕自身が潔癖気味の為共感してくれる人がどの程度いるかわかりませんが、これからどんどん暑くなって汗をかきやすい季節になってきますよね?

 

そんな中、上みたいな対応をされれば運営やVRに対する満足度も低下するだけですよね。

 

『イベント参加者が汗をかきやすい状況だからこそしっかりとした対策を取る』というのは本当にこれからの季節大事になってきます。

 

という訳で改めてVRイベントでの衛生面の対策の必要性を訴えさせてください。本当マジ頼みます(´;ω;`)

VR体験は汗をかく

VRコンテンツのほとんどは頭や身体を動かして遊ぶものが大半を占め、従来のゲームより汗をかきやすいです。

例え数分だったとしても、人やコンテンツによっては汗だくになりますし、そうでなくとも人間であれば皮脂の分泌は免れません。

 

HMDを頭部に装着するため、ヘッドセット内部は意外に蒸れやすく、これから夏本番の季節になってきたら屋内イベントでも汗をかく参加者も多く出てきます。

 

汗をかくこと自体を悪いと言っているではありません。日本の夏を汗をかかずに過ごすことが出来る人なんてほぼ皆無でしょう。

 

しかし赤の他人の皮脂や汗に嫌悪感を感じる人は多いはずで、その対策をきちんとしてあげた方が『おっ、ええやんここの運営』ってなると思うんです。

 

具体的にどんな方法があるか紹介していきます。

①ノンアルコール除菌シートを使用

まぁ今現在ほとんどのVRイベントで使われていると思うんですけど、除菌シートは基本ですね。乾いた布のメガネ拭きとかは絶対やめて。拭くなら除菌シートできちんと拭くべきです。

 

アルコールシートだと肌を痛める可能性がある為、敏感肌な人に対しても使えるようにノンアルコールでパラベンフリーのシートを使うのがお勧めです。

[amazonjs asin=”B00BES8JRI” locale=”JP” title=”シルコット 除菌ウェットティッシュ ノンアルコールタイプ パラベンフリー 詰替45枚×8パック(360枚)”]

僕はどのイベントにもコレ持参してますが、他にも『赤ちゃんに使える』とか『お子様にも安心して使える』とかそういう表記のなされているものを選んでいます。

 

一回に一枚消費するとしても、一人当たり2円~3円程度です。

②HMD保護シートの配布

風邪用マスクの様に耳にかけて使うタイプの保護シートがあります。日本のVRメディアトップのmoguravrさんが販売している通称『ニンジャマスク』がおすすめです。

[amazonjs asin=”B01DHKBVQQ” locale=”JP” title=”VR体験用アイマスク ニンジャマスク NINJA MASK 衛生布 Gear VR Oculus Rift PlayStation VR HTC Vive対応 (100枚セット)”]

材質は不織布であるため吸液機能が期待できるだけでなく、比較的安価で調達が出来る、顔を隠す事が出来るのでイベント参加者たちの羞恥心を取り払う事が出来、自撮りなどを通じてSNSでの拡散がなされるといったイベント運営者にとってメリットが多くあります。

 

1人当たりにかかるコストは約30円ですが、イベント会場入り口で参加者全員に1枚ずつ配布すれば良いので、毎回除菌シートで丁寧に拭くという労働力を必要としません(それでも拭くのは大事だとおもいますが)。

③お化粧直し台の設置

VR体験は頭にバンドを装着するので、体験終了後髪型がボサボサになったりします。特にお化粧でおめかししている女性はVR体験終了後、現実の自分がどうなっているか気になってしまう、という人が多くいます。

 

そんな人達の為に、ブースの横にお化粧直し用の鏡とかがあってもいいんじゃないかなと思います。

 

衛生面とは少し外れるかもしれませんが、例えば、VR体験をして汗をかいた顔を拭くシートとか用意されてたら嬉しいですよね。汗をかいたらお化粧直ししたい!って女性も少なからず多いと思うので、女性への配慮も同時になってくると思います。

 

企業スポンサーつけて制汗シートの試供品とか効果ありそうだね。

参加者はイベントの不満を口に出さない

SNSやアンケートでは文句をいう参加者も多くいますが、実際その場でイベントに対する不満を口にする人は少ないです。

 

つまり、運営側は事前に『こういった不満がおきるかもしれない』といった想定の下準備をしなければなりません。VRにおいては技術的な問題が結構重要視されていたりするんだけど、VRはそもそも体験してもらわなければ始まらないのです。

 

どんなに良くたって体験してもらえなきゃなんの意味もない。技術も大事だけど、VRは体験が命なんです。そのためには少しでも『行ってよかったな』と思わせるような配慮が大事なんじゃないかなと僕は思うのです。

 

勿論過去記事でも書いた通り、我々参加者も配慮が必要です。参加者なんだからどうだっていいという訳じゃなくて、最低限きちんと清潔な恰好をする必要があるし、汗をかきやすい人はハンカチや制汗シートを持参してイベントに参加するべきです。

持病の為にそういった体質の方もいるので過度な反応はご法度ですが、僕ら参加者、そして運営双方の清潔・衛生面の配慮が最低限のマナーであると声を大にして言いたいと思います。

だからイベント運営時には皆様、最低限の心配りをよろしくお願いします。

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。