Mogura VRの本拠地「もぐらハウス」に凸って来た|あおぞらVR動画
オフィス訪問

Mogura VRの本拠地「もぐらハウス」に凸って来た

僕が一番読んでる日本のVR専門メディアである「Mogura VR」の本拠地(通称もぐらハウス)に突撃お宅訪問してきました

 

その時の記録です。『スクープ!VR土竜の塒(ねぐら)ついに発見!!』どぞー

もぐらハウスにノーヒントでたどり着けた奴っているの?

img_3260ココにあったよ「もぐらハウス」

ずっと行きたかったんだけどなかなか招待されず、「あれ?これもしかして…嫌われ…」なんて思った事もあったけど、そんなわけないそんなわけない。

ついに行ったよもぐらん家(もぐらハウス)

「どんなVRグッズが置いてあるんだろう」
「一個くらい持って帰ってもばれないんじゃないか」
「ホロレンズ欲しいな」
「てかなんかくれないかな」

そんな邪な気持ちが見え隠れしながらもGoogle Mapを片手に

僕は都内某所にあるといわれるもぐらハウスに辿り……

着かなかった!

ものすげー迷った!

一生たどり着く気がしないと思った

約束の時間も過ぎちゃって「うわーーやべーー」ってなりながらも、

どんだけ歩いても同じ景色だし、途中で道に並んでる光るオブジェクトに「もぐらハウスはどこですか?」と聞くくらいには焦ってました

img_3276ゲームだったらなにかしらのヒントを教えてくれそうな光るオブジェクト。

で、まぁ結局わかんねぇよ!ってなったので、さんざん迷った挙句Mogura VR編集長「すんくぼ」さんに迎えに来てもらう羽目に。。

 

もぐらハウスに初見ノーヒントでたどり着ける人尊敬するヨ

(やっと)もぐらハウスに行ってきた!

とまぁ、すんくぼさんの助けを借りながら、なんとかもぐらハウスにたどり着いた僕

 

入口にはたくさんのVRグッズ(HMD、360度カメラ等々)の箱が

img_3268

ホロレンズ、Vive、Theta、何故か二個ずつ置いてある…ブルジョアだ。

 

壁には現在販売されている様々な種類のVRヘッドセットがかけられていた

img_3269写ってないけど下の方にはOculusやVive、Homido等がぶら下がっている

「おぉーPSVRがこんなに他に紛れて雑に飾ってあるー」
「こうやって見るとHMDって全然個性ないっすねー」
「PSVRはプレイ中光りますけど、確かに他は皆同じような外見ですよねー」
「好きなVRヘッドセットとかってありますー?」

 

みたいな感じでVRヘッドセットのデザイン談義に花を咲かせながら、早速もぐらハウス内を物色させてもらった

 

すると、すぐに気になるモノを見つけた

あおたろは「ぱいまっくす」をみつけた

img_3273

中国メーカーPimaxが発売開始した3860 x 2160の解像度を持ったVRヘッドセット「Pimax 4K VR

ポジショントラッキングはない(12月にポジトラ機能付きのコントローラが販売予定)けど、価格は$349.99と比較的安価なHMD

初めてみたので、僕もそれくらいしか情報はないけど、なんか名前の響きがとても気になる

Pimax(パイマックス)

HMD部分にはギリシャ数字である「π(パイ)」の文字。

パイマックス

思わず何度でも口に出していいたくなる名前だなと思ったのは僕だけでしょうか?

本当バイブといい、ぱいまっくすといいなんかエロ(自粛)

ちなみに『ぱいまっくす』の発売日調べたら、発売されたのつい最近だった。

もぐらさんはなんでももってるんだなぁと思ったので僕に少しくらい機材くれてもいいんじゃないかなって思った。

ぱいまっくす

近々もぐらさんと何かするかもしれないです

左:もぐらゲームスの長 右:Mogura VRの長左:もぐらゲームスの長 右:Mogura VRの長

本当もぐらの城には新しいおもちゃはなんでも揃ってるんだなぁと感動したので、またいつか遊びに行ってきます。

 

記事書いたり、企画やったり、今後はMoguraさんとも一緒になにかさせていただく事もあるかもしれないので、楽しみにしていてくださいね。

 

その後もいろいろVR事情の事とか話したんだけど、ここで書くような事もないので割愛しました笑

 

以上、特に何事も起きなかった「もぐらハウス」体験レポートでした!お忙しい中お招きいただいてありがとうございました!楽しかった!

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。