PR TIMES×LIFE STYLE事業提携で日本初の360°プレスリリース配信サービス誕生!|あおぞらVR動画
VR全般

PR TIMES×LIFE STYLE事業提携で日本初の360°プレスリリース配信サービス誕生!

PR TIMES

国内プレスリリース配信サービス大手『㈱PR TIMES』が、VRコンテンツ(360°動画等)を制作する『LIFE STYLE㈱』と事業提携し、VRコンテンツをプレスリリースに埋め込む事が出来る新機能をリリースします。

 

プレスリリースサービス×VRで僕たちの生活の『何』が『どんな風に』変わるのか、本日行われた2社の事業提携発表会にお邪魔してきたので、その模様と共にわかりやすくお伝えしていきたいと思います、どーぞ。

VR導入の経緯

PR TIMES

PR TIMESは画像と動画を効果的に活用しプレスリリースをリッチコンテンツ化させて、ユーザーへの訴求力を高める施策を行い、企業だけでなく消費者ともつながるインターネットサービスを展開しています。

 

そして『VR元年』と呼ばれる今年2016年に、より優れたユーザー体験を実現するためにプレスリリースのVRコンテンツ導入に至りました。これは業界だけでなく日本初の試みです。

 PR TIMES

PR TIMESは現在、国内上場企業の26.3%超が利用し、利用企業総数12,000社を超える国内№1の配信本数を誇るプレスリリース配信サービス会社。

 

サイトのPV数は業界ナンバーワンの月間600万PVを誇り、大企業、有名企業のリリースが豊富に配信されるサイトとして不動の地位を築いています。

 

企業は1配信につき3万円、月額8万円からプレスリリースの配信が可能で、個人のユーザーの閲覧などは無料で行えるので気になる方は見てみてね。

公式サイトはコチラ

LIFE STYLE

LIFESTYLE社は実写に特化した360°VRの静止画、動画作成サービス「Flic360」を展開している総合VRコンテンツメーカーです。

 

撮影機材もTHETAとかじゃなくてGo Pro hero4とか(ドローンもあった)を使っててサンプルの画像も見せてもらったけど、素人目に見てもハイクオリティとわかる作品ばかり。

https://youtu.be/91MFYJ3a9TI

動画でもこのクオリティ。画像であれば2,3営業日で納品してくれるそうです(動画は長さによる)。

 

ちなみに200人以上ものVRコンテンツクリエイターを抱えているそうです。いいなぁ。

VRプレスリリースで期待される効果

PR TIMES

実際にPR TIMESが先行して行ったプレスリリース配信にて『VRコンテンツ有のページの読了率やページの滞在時間は他のページと比べて増えている』とPR TIMESマーケティング本部杉山博美さんがおっしゃっていました。

1月20日に配信したPR TIMESのオフィス移転のプレスリリースは、PR TIMES上のプレスリリース読了率が約70%、平均滞在時間が4分29秒となりました

『どこもやっていない新しい施策だから』ってのはあるとおもうけど滞在時間2分9秒だったのが、4分29秒まで伸びた、って単純にすごい。倍じゃんw

 

長い時間見られるという事はそれだけユーザーが企業に興味関心を持っているという事です。

 

現段階では360°動画によるプレスリリースの事例はかなり珍しいので、普段ニュースを見ない層にもアプローチが可能で、企業の認知度向上はもちろん、新たなファン層の獲得にもつながるかもしれません。

どんな企業にも使える?

PR TIMES LIFE STYLE左:永田 雅祐氏(LIFESTYLE代表取締役) 右:山口 拓己氏(PR TIMES代表取締役)

ところで今回発表会で事例として紹介されていたのは、大学のオープンキャンパス、レストラン、サービスエリア、居酒屋、カラオケ、結婚式場、オフィスなど、場所、店舗、施設の下見の事例でした。

 

『場所の下見以外のプレスリリースには360°動画って使えないんじゃ?』って思った方もいると思った方もいるとおもいますが、実は工夫次第でどんなプレスリリースにも活用できる、との事

 

ただ商品を写ってるだけだとたしかにつまらないけど、歴代の商品を360°で登場させるとか動画内に様々な工夫、仕掛けを施すことで、ユーザーに360°コンテンツでなければならない理由メリットを感じさせれば問題ありません。

 

若干クリエイティブな話ですが、結局は『商品をVRコンテンツでどう有益なものにするか』という思考にたって考えればいいのだと思います。

 

無理に活用する事もないと思うけど、VRのプレスリリースは工夫しだいでどんな商品でも展開していけるとのコメントをいただきました。

 

余談!


今回の事業提携発表会はVRのプレスリリースにも登場したPR TIMESさんのオフィスで行われたのですが、引っ越して間もないという事もありすごいキレイでした。

PR TIMES オフィス

キッチンスペースもあった。ここで社員さんたちでパーティすることもあるらしい。(・∀・)イイネ!!

 

追記:後日PR TIMESの代表取締役である山口 拓己氏から連絡が来て、御礼をしてくださいました。こういう細かな気配りをしてくれる人っていいですねw


 

 

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。