PSVR対応「バイオハザード7」ゲーム解説!グロテスクVer.とは?ストーリーや新システム

バイオハザードシリーズと言えば、世界でも最も有名な日本ホラーコンテンツの代表ですよね。

 

僕が初めてゲームのバイオハザードをプレイしたのはたしかPlayStation版のバイオ2だったと思うけど、操作方法がキャラに対してじゃなくてカメラに対して進行方向が変わるという仕様で(ラジコン操作っていうんだっけ?)、当時小学生の僕はかなり苦戦しました

 

そのほかにも「何度やっても勝てないリッカー」「(無駄撃ちしすぎて)弾無しナイフプレイ」「セーブしすぎてインクリボン枯渇」といった理由で超魔界村Ⅱに続くゲームクリアまで行けなかった作品として個人的にも思い入れがあります(単純にゲーム下手なだけ)

 

そんなバイオハザードシリーズにVR対応の新作「BIOHAZARD 7 resident evil(バイオハザード7 レジデントイービル)」が発売されます!という事でご紹介でーす

スポンサーリンク

バイオハザード7 レジデントイービル|2017年1月26日発売

「バイオハザード7」は今年20周年を迎えるカプコンのバイオシリーズの最新作として2017年1月26日に発売される日本のホラーアクションアドベンチャーゲームです。PS4版、XBOX版、PC版(Steam)で発売されるようですね。

 

本作の為に開発された新エンジン「RE ENGINE」により実写映画さながらのフォトリアルな表現を実現させ、ゲーム内のオブジェクトや空気中の塵も鮮明に描き出しよりリアルな恐怖を味わう事が出来ます。

 

既に商品が発売されている海外のレビューサイトでも軒並み高得点をたたき出しており、バイオハザードシリーズの原点である「恐怖」に立ち返り、究極のホラー体験が出来るゲームとなっています

 

注目なのは本作は全てVR対応している点。PlayStation VR(PSVR)などVR機器があればVRモードで本編を遊ぶことが出来ます。PC版(Steam)もあります。

PSVRで遊ぶならPlayStation Proは必須?

バイオハザード7は先日発売したPlayStation4 Proに対応しています。より鮮明な4K解像度でゲームプレイを楽しみたいのであればPlayStation4 Proの購入を検討してもいいかもしれません。

 

どの程度の違いがあるかは本編をプレイしていない現段階では不明なのでここら辺は情報がでてきしだい追記したいと思います。

※VRモードはPlayStation4 Pro無しでも勿論遊べます。

新たな視点|アイソレートビュー(一人称視点)

バイオハザード7は従来の三人称視点(サードパーソンビュー)のゲームプレイ方法とは異なり、一人称視点でゲームが進行します。

 

「アイソレートビュー」とは主観視点のゲームプレイに「孤立」や「分離」と言った意味の「アイソレート」という意味を交えた造語で、一人称視点ならではの没入感を楽しむことが出来ます。

 

ホラーゲームならではの恐怖を倍増させるための仕様でしょうか?これによりPSVRなどでプレイした時の恐怖は通常の何倍にもなると…(汗)

メインストーリー

3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。
導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは遠くルイジアナへと自動車を走らせ、荒れた邸にたどりつく。
妻の痕跡を求め、異様な気配が漂う邸内を捜索するが、突然何者かの襲撃を受け、意識を失ってしまう…。
目覚めたイーサンを待っていたのは、狂気で満たされた邸の住人ベイカー一家だった。

バイオハザード7 公式サイト

ベイカー家の人間の顔が完全にイッちゃってます。人間なのか人間じゃないのか。。体験版にも出てきますがとにかく怖すぎです。。左の車いすのおじいちゃんっぽい人死んでない?

なんとも気味の悪い家族でこんなのが本作の敵だと考えるとゾッとしますが、ベイカー家以外にもプレイヤーに遅いかかるクリーチャーとして「モールデッド」という怪物が登場します。

新たな敵「モールデッド」とは

バイオシリーズの敵キャラと言えばゾンビ化した人間や動物たちが主な敵キャラクターとして登場していましたが、本作より新たなキャラクターとして「モールデッド」という敵クリーチャーが登場します。

 

長く伸びた鋭い爪を持ち高い生命力を持っている黒い怪物。人の四肢のようなものを確認できますがその正体についてはまだ謎に包まれています。

 

モール(ひも状の)デッド(死体)という名前の通り、木の根っこのような黒い物体がツタのように絡み合って出来たクリーチャーっっぽいですね。FFのトレントみたいだ。

 

ホラー要素が強いとは聞いていたけど従来のバイオシリーズ同様戦闘シーンもきちっとあるんだね。安心。

グロテスクVer(バージョン)について

バイオハザード7にはより過激な表現や描写に特化した「グロテスクVer」があります(18禁)。こちらはCERO「D」版の製品とは別商品という扱いになりますがメインストーリーについては同じです。

 

ただし公式サイトでも「ショックに弱いあなたのプレイを禁ずる」という旨の記載がある通り、暴力表現が過激になっており大人でも卒倒しかねないような”究極の恐怖体験”を味わう事が出来るのが「バイオハザード7 レジデントイービル グロテスクVer」となっています。

 

18禁だからと言ってムフフなシーンがあるわけじゃあないと思うので男性諸君は勘違いをしないように。

 

なのでグロテスクVerはホラー上級者でグロテスクな描写にも耐性があるという方のみ購入するようにしてください。VRモードでプレイする場合はあまりの恐怖にトラウマにもなりかねないので、十分留意してね!

発売日(1/26)のイベントに参加してきました

ゲーム発売日当日渋谷で行われたイベントに参加してきました!

PSVRで体験版をプレイ出来たり、ステッカーやUSBなどのオリジナルグッズがもらえます。

詳細は後ほど公開します動画版をご覧いただけると幸いです。

PSVRでプレイしてみた感想

ホラーが苦手な僕が実際にPSVRでバイオハザードをプレイした個人的な感想ですが、

始めこそめちゃくちゃ怖くて全然先に進めなかったのに、数時間もすると暗い道でもズンズン歩けている自分がいて驚きました。

どんなにグロテスクで気持ち悪い世界でも長時間いると違和感を感じなくなるんだから人間の適応能力ってすごいですね。

ただ、やっぱり周りに人がいるとへらへらしちゃうので、バイオハザード7を最大限に楽しむなら周りが誰もいないところでプレイするのがオススメです。

値段・価格について

気になる値段ですが、公式サイトの情報によると、

  • パッケージ版は7,990円(税別)
  • ダウンロード版 7,398円(税別)

との事ですが、各ECサイトを見てみると大体7000円くらいの価格帯で売られているようです。

↓CEROレート「D」(17歳以上)の通常版がコチラ↓

↓グロテスクバージョン(18禁)はコチラ↓

最期に

こんな感じです。今までVR対応していたゲームはどちらかというとミニゲームという感じだったので、今回のバイオ7には楽しみですね。僕はホラー苦手なのでアレですけども。。

スポンサーリンク