VR酔いしない身体を作る自宅で出来る3つのトレーニング方法

VRをするといつも酔ってしまう人はいますか?これは『VR酔い』と呼ばれ、乗り物酔いに似ていて吐き気、めまいが主な症状です。

 

VR内の映像と自分の体の動きに誤差を感じた時、脳がそれを異常とみなす事で体調不良につながるのが原因で3D酔いシミュレーター病とも呼ばれています。

 

一人称視点のコンテンツでは、映像内に鼻を描き込む事(固定物)で酔いを軽減出来た、という研究結果もありますが、すべてを防げるわけではありません。現在様々な方法でVR酔いを無くす研究を世界中で行っていますが、VR酔いはトレーニングで克服できます。

 

僕も当初はかなりVR酔いしやすい体質でしたが、現在は数十分使っても酔いにくくなりました。

 

というわけで今回は『技術を肉体に適応』させるのではなく『肉体を技術に適応』させてしまおう、というコペルニクス的発想の下発案されたVR酔いを治す為のトレーニング方法をお伝えします。

 

トレーニングと言ってもジムでするようなハードなやつではなくて全て家庭で出来る鍛錬方法なのでご安心を。

スポンサーリンク







VR酔いの原因は脳にあり!

Brain

VR酔い(3D酔い)の原因は人の脳の構造にあります。そもそも人間の脳は自分の体がどう動くかをあらかじめ予測しています。そして視覚、筋肉の動き、位置感覚、バランス、加速度の感覚といった情報をまとめた時に情報に違いがあると

 

視覚映像では空を縦横無尽に動いてるのに、体(肉体)は全く動いてなくね?重力もあれ?え?これやばくね?異常じゃね?

 

となり、吐き気やめまいが生じるわけです。VRコンテンツはその没入感故に、脳が現実とバーチャル現実の区別をつけられなくなってしまうが故にこういった事が起きてしまいます。

 

そしてこの酔いを治す為初心者向け、中級者向け、上級者向けの3ステップを紹介していきます。

[初心者向け]三半規管を鍛える

三半規管は人間の身体の平衡感覚をつかさどる器官です。耳の奥にあるやつですね。リンパ液という液体が充満していて体が動くとクプラと呼ばれる受容器が脳に『いまこれくらい体が傾いてまっせー』という情報を伝達します。

 

現実の肉体が動いていない(水平状態)のにVR内ではバリバリ動いてる。空とか飛んじゃってる。これがVR酔い、3D酔い、乗り物酔い全ての原因の一つと言われています。

 

『耳の奥の器官なんてどうやって鍛えるんだよっ』と思う方もいるとおもいますが、実は三半規管は、普段しない行動を意識して行うだけでもトレーニング効果があります。

 

脳が経験から予測しにくい動きをすることで、三半規管を効果的に鍛えるわけです。具体的には

  • 目をつぶって歩く
  • 目をつぶって片足立ち30秒
  • 椅子の上でくるくる回る
  • 前転、後転、側転
  • つま先立ち歩き
  • 後ろ歩き
  • バランスボール←おすすめ

みたいな感じ。どれも手軽にできる点が良いのですよね。僕のおすすめはバランスボールです。上に乗っかってバランスをとるだけでなく、床に足をつけて座っているだけでも三半規管を鍛えることができます

バランスボール

Aotaro作業用のイス代わりに使っている。

三半規管だけじゃなくて、普段のエクササイズやダイエットにも使えるのでかなり気に入っています。

千円台の手ごろ価格なのもいいよね。けっこう場所を取るから部屋の間取りとは応相談ですけどね(笑)

他にも、肩こりで血流が悪くなると三半規管への血流が弱まり、酔いやすくなるようなので、ストレッチも日ごろから行っていきたいですね。

肩こり解消→ストレッチ

[中級者向け]精神を鍛える

実は僕、以前体験したVRのジェットコースターで、『ボゥエ―ッ!!』ってくらい酔った事があったんですけど、それ以降どんなによくできたコンテンツでもジェットコースターだと高確率で酔うようになってしまいました。

 

このようにVRで一度酔いを体験すると『自分はVR映像をみると酔ってしまう』『3D映像が苦手』と思い込み、VR酔いのクセがついてしまう人が案外多いのです。

 

子供の頃嫌な事があると体の調子が悪くなるのと同じです。体が拒否するようになってしまい、条件反射のように気分がすぐれなくなります。そしてこれは当事者の精神面に原因があるケースが多いのです。

 

そこで必要なのは『VRを体験しても酔わない』という自信と経験を脳に植え付ける事です。

 

一番簡単に出来るのは、体調を最高のコンディションに整えてVRを体験する事。身体が疲れていてはいけません。空腹や食べ過ぎもいけません。とにかく万全の状態でVR体験をすることで酔いにくい状況を作り『VRは怖くない』と身体に思い込ませれば大抵の酔いは防げます。

 

瞑想とか自己暗示とかでもオーケーです。とにかく思い込みは思い込みで治します。プラシーボ効果は絶大なのです。瞑想最近はまってるんですけど、頭がリフレッシュしますよ。忙しくて毎日生き急いでるような人にはかなりおすすめです。

[上級者向け]とにかくVRに慣れる

images

習うより慣れろ』という言葉にあるように、VRだって何度も何度も体験する内に酔いが軽減する事があります(個人差あり)。

 

わかりやすい例で言うと、フィギュアスケートの選手がスピンをしても目が回らないのは日ごろからトレーニングをして脳に動きを慣れさせているからですよね。大荒れの海に繰り出して漁師が酔わないのも、バスガイドさんが一日中バスに乗っていて酔わないのも、全ては『慣れ』です。

 

VRだって何度も何度も繰り返し体験してれば脳に耐性がついて酔いにくくなるんです。どれくらいの時間がかかるかはわかりませんし、かなり荒療治ですが、脳が不自然な状況を不自然だと思わないくらいに日常的なものにしてしまえばすべて解決されるという理屈です。

 

もちろんおすすめできる方法とは言えませんが、現実と視覚映像のギャップによる不測事態の発生そのものを脳が予測できるようになればVR酔いは軽減されます。

まとめ


というわけでVR酔いを回避する3つの方法をお伝えしましたが、とりあえずまずは初心者コース、三半規管を鍛えてみましょう。

 

中級者向けの『精神を鍛える』はバカにする人もおおいですが、思い込みの力ってマジでバカにできないので、VRに苦手意識を持っている人はぜひ試してみて欲しいです。

 

『VRに慣れる』ってのは証明されているわけではないので、何年かかるかわからないけど、割とVRに酔いやすい僕が身をもって証明しているので、この記事を読んだVRクラスタの方々の中に僕と同じような方が居たら是非感想を頂けると嬉しいです。


 

スポンサーリンク