メガネをかけたまま快適に使えるHMDを比較検証!|あおぞらVR動画
雑談,その他

メガネをかけたまま快適に使えるHMDを比較検証!

HMD(VRヘッドセット)って、メガネをかけたままでも使えるの?

とある調査によると日本におけるメガネ着用者は6000万人にも上るといわれていますし、こんな疑問をお持ちの方は意外に多くいらっしゃいます。

 

安心してください、結論から言うと現在発表されているHMDのほとんどはメガネを着用したままでも使用可能(という事になっています)。HTC VIVEもOculus RiftもPlayStarion VRも全てメガネフリーです←。

 

ただ、視力の度合いやメガネフレームの大きさなどによっては使用感の違いが存在します。というわけで今回はメガネを着用したままでも快適に使えるVRヘッドセットを比較してみました。

 

※筆者が実際に検証したHTC VIVE、Oculus Rift、PlayStarion VRで作成しました。

メガネ愛好家に優しいHMDはどれだ?MEGANE-1 グランプリ開幕!

メガネ

さて始まりました、全国6000万人のメガネ着用者に最も優しいVRヘッドセットを決めるMEGANE-1グランプリ(通称M-1)、検証に使用したメガネは一般的に使用されているごくふつうの大きさのものです。

 

ちなみに、敏腕エリートがかけてるような小さめのフチなしメガネの場合、ほとんど使用感に差異は感じられませんでしたので、少しフレームの大きめなメガネで検証してみました。

画像はイメージです。

今回エントリーしたのは実際に筆者が体験した事のあるこちらの3つのヘッドセット「HTC VIVE、Oculus Rift、PlayStarion VR」です。ではまいりましょう。

Oculus Rift

オキュラスリフト

エントリーナンバー1番!コイツがいなけりゃVRブームもなかった!オキュラス社が開発したVRブームの火付け役Oculus Rift!

 

さて、実戦の結果はというと…、「思ってたよりせまい」「かなり窮屈」といった印象。

なんとか着用できるというレベルで、メガネをかけたままヘッドセットを装着するのが結構大変です。フレーム部分がヘッドセットに当たって、ズレちゃうんですよ。

 

あらかじめメガネを外して、メガネをヘッドセット内に入れ込んで着用するとよさげです(ていうかそうしないと無理)。

 

メガネを着用したまま使用を続けるとフレーム部分が鼻を強めに圧迫してくるので結構いたいです。

 

特に鼻が高い人はお世辞にも快適とは言えないプレイ環境になるかと思いました。オキュラス+メガネはお世辞にも快適とは言えません。(個人の感想です)

HTC Vive

HTC Vive pre

続いて、エントリーナンバー2番!動きまわれるVRこと「HTC Vive」!

 

結果からお伝えしますと、Oculus Riftよりメガネフレンドリーです。

 

ただ鼻の高い人はOculus Rift同様結構な圧力がかかり(ヘッドバンドの位置のせい?)窮屈さを感じる人もいるかもしれません。

 

ただ何度か試してみるとHTC Viveは他のHMDと違って動き回ることが多いので圧迫感を感じないケースもありました。動き回ってるとテンションが上がって圧迫感が気にならなくなるですよね。ぼくだけかもしれないけど。

 

Oculus Riftよりは窮屈さはありません。普通のメガネであれば問題ないというレベルです(アラレちゃんメガネは厳しいかも)。

PlayStation VR

psvr

続いてエントリーナンバー3番!ソニーインタラクティブエンターテインメント(SIE)のPlayStation VR!

 

結果から言うとメガネがほとんど気になりませんでした!

 

おそらくPSVRの形状によるものだと思いますが、他の二つのHMDと比べて顔への密着度が弱く(それが良いか悪いかは別として)ほとんど顔面に圧力がかからないからだと思います。

 

ヘッドセットの重さを額や後頭部で支える設計だからこそ生まれたメガネに優しいVRヘッドセットだと思いました。

結果

あくまで僕の個人的な見解ですがメガネをかけたままでも快適に使えるのは

PlayStation VR>HTC Vive>Oculus Rift

という結果です。

 

PSVRはデザインのせいか他の製品より使用感が快適でしたが、顔への圧力が少ない分、下の方の景色が隙間から見えてしまったりするというデメリットもありますし、一概にPSVRが良い!とは言えませんがメガネをかけたままVRで遊びたい!と思っている人はぜひ参考にして見てくださいね。

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。