コレは欲しい!パステルカラーがキュートな全天球カメラ「RICOH THETA SC」|あおぞらVR動画
360度カメラ

コレは欲しい!パステルカラーがキュートな全天球カメラ「RICOH THETA SC」

top_mainvisual_product

2013年11月から発売されている全天球カメラ(360度カメラ)「RICOH THETA」に第四世代となる新たな商品が登場します!

 

その名もRICOH THETA SC」(リコー シータ エスシー)

 

前モデルである「RICOH THETA S」より10,000円程度安く性能に大きな差がないため、初めて全天球カメラの購入を考えている人には特におすすめ

 

今回は「RICOH THETA SC」をハイスペックモデルである「RICOH THETA S」と比べながらわかりやすく製品比較をしていきたいと思います。

性能はハイスペックモデルとほぼ同じ

%e5%85%a8%e5%a4%a9%e7%90%83%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

「RICOH THETA SC」は廉価版とは言っていますが、実際にハイスペックモデルである「RICOH THETA S」とスペックを比べても大きな差はなく、リコー独自の光学技術と画像処理技術はそのままに、高画質で静止画、動画の撮影が出来ます

 

RICOH THETA S(ハイスペック版)に劣っている部分としては

  • 動画撮影可能時間が短い(25分間⇒5分)
  • ライブストリーミング機能がない
  • Micro HDMI出力がなくなった
  • 本体サイズがやや大きい(高さ0.6mm/幅1.2mm)

といった点があげられますが、どれもあまり大きな問題ではないですよね

むしろサイズは大きいが重量は「THETA SC」の方が23g程軽量だったり、価格面から見れば非常にコストパフォーマンスの高い製品だという事がわかります

 

以下に製品紹介ページより引用した本製品のスペック詳細を記載しておきますので興味がある方はご覧ください(わからない人はすっとばしちゃってOK)

撮影距離約10cm~∞(レンズ先端より)
撮影モード静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル
動画:オート
露出制御モードプログラムAE、シャッター優先AE、ISO優先AE、マニュアル露出
露出補正静止画:マニュアル補正(-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ)
ISO感度(標準出力感度)静止画:ISO100~1600、動画:ISO100~1600
ホワイトバランスモード静止画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯
動画:オート
シャッタースピード静止画:(マニュアルモード以外)1/8000秒~1/8秒、(マニュアルモード)1/8000秒~60秒
動画:(L)1/8000秒~1/30秒、(M)1/8000秒~1/15秒
記録媒体内蔵メモリー:約8GB
記録可能枚数、時間静止画:(L)約1600枚、(M)9000枚
動画(1回の記録時間):最大5分
動画(合計記録時間):(L)約63分、(M)約171分
電源リチウムイオンバッテリー(内蔵)
電池寿命約260枚
画像ファイル形式静止画:JPEG(Exif Ver2.3)DCF2.0準拠
動画:MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC)
外部インターフェースmicroUSB:USB2.0
リモートレリーズCA-3に対応
外形・寸法45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(17.9mm*6)(奥行き)
質量約102g
レンズ構成、F値6群7枚、F2.0
撮像素子、サイズ1/2.3(×2)
有効画素数約12M(×2) ※出力画素 約14M
静止画解像度L:5376×2688、M:2048×1024
動画解像度/フレームレート/ビットレートL:1920×1080/30fps/16Mbps(入力時)
M:1280×720/15fps/6Mbps(入力時)
無線_通信プロトコルHTTP

スペックどうこうよりもパステルカラーがオシャレ

theta-sc

カメラ好きな人からしたら、スペックや性能が一番気になる!という人も多いと思うんですけど、僕はどちらかというとデザイン重視で製品選ぶタイプの人間なのでそういった意味でも今回の「RICOH THETA SC」はかなりグッときてます

 

今までブラックしかなかった「RICOH THETA S」に「ブルー」「ベージュ」「ピンク」「ホワイト」といった鮮やかなパステルカラーが追加され、若者や女性を中心に人気が出そうですよね

 

ちなみに「RICOH THETA SC」の「」は「CASUAL」とか「COLORFUL」の頭文字が由来だそうです。

 

色で個性を出せるってのはかなりウレシイよねー。一眼レフブームの次は全天球カメラブームが来るかもしれないね

 

OL女子会でピンクのRICOH THETA SC片手に撮影している映像が目に浮かびます

発売日は2016年10月28日 予約販売はすでに開始

 

すでにAmazonや楽天市場などでは予約も開始しているので興味がある方はチェックしてみてください

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。