眼精疲労になったのでVRとブルーライトについて考える

最近慢性的な頭痛に悩まされておりまして、どうしようもないくらい痛いので病院行ってきました。

原因は分かってます、「眼精疲労」です。

仕事柄毎日10時間以上スマホやPCモニター見てるし、取材や自宅でもOculus RfitやらViveやらスマホVRやら最低でも1~2時間使ってて、休日も同じような感じ

これで眼精疲労ならないやついんのかっ!ってくらい目を酷使しています。

若さに物を言わせてやってきましたが、緑内障一歩手前なのでここらでしっかり目の事を考えてみようと思いました。

それに「VR」はディスプレイを至近距離で見るものですから目に相当な負担がかかるし、この機会にVRが眼に与える影響についてもきちんと学んで置くのも悪くないなって。

というわけで、今回は特に目に悪影響を与えるという「ブルーライト」とVRの関係について調べました。

スポンサーリンク







VRが目に与える影響

IMG_1841

現在流通しているほとんどすべてのHMDは左右の目に写る錯覚を利用してVR映像を生成します。

普段使っている目の動きとは違うので長時間使っていればかなり疲労感を感じるはずです。

ディスプレイは目から10~15cm以内の距離にあるためモニター画面から出るブルーライトの影響をモロに受けます。初心者がVRヘッドセットを1時間使えばかなりの不快感、疲労感を感じる人も多いでしょう。

で、僕も今回お医者さんに言われたのは「極力スマホやPCモニターを見る時間を減らしてください」とか「VRを使うのであれば適切な休息をとりながらやってください」とかです。

仕事兼趣味なんだからしかたないけど、そもそもブルーライトって何がいけないのかも分からないので、少し調べてみました。

ブルーライトってなんなのさ!?

ブルーライト

引用:https://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20120327/121089/

名前くらいは聞いた事あるけど、具体的にブルーライトが人体にどんな影響を与えるか知らない人も多いですよね。

実は僕もよくわかりません。という事で調べました。

ブルーライトというのは波長380mm~500mmの可視光線(目に見える光)の一種でその名のとおり青色の光の事。

目に見える光の中でも最も波長が短い為、強いエネルギーを持ちます。パソコンやスマホ、LEDに多く含まれている事でも知られています。

紫外線とか赤外線とかは漢字表記なのになんでコイツだけ英語表記なの?ブルゥーライトォゥッ?カタカナでちょっとカッコつけてる感じがイラっときますね。

ブルーライトは視力低下、睡眠障害の原因に

 

で、このブルーライトっていうのは波長が短くて光が散乱しやすく、目の水晶体がピントを合わせる時に大きな負担がかかります。

しかもブルーライトは目に入ると水晶体を通過し網膜にまで到達するので、活性酸素を発生し目の奥の組織を酸化させていってしまう。

この刺激が長期間続くと加齢黄斑変性※1になる危険もあるそうです

※1見ようとするところが見えにくくなる病気

さらに、ブルーライトを浴び続けるとメラトニンの分泌を抑えるので睡眠障害にもつながり生活リズムも悪化します。

ちなみにブルーライトは太陽の光にも含まれていて、人間が日中元気に活動するためだったり、集中力を上げる役割もあります。

「なんだよいいとこないじゃねーか」って思う方もいると思いますが、ブルーライトそれ自体が悪いものではないので勘違いしないように。

長時間浴び続けるのが良くないのです。

VRを1時間やったら「必ず」休憩しよう

良くテレビゲームとかにも「ゲームを1時間やったら休憩しましょう」みたいな文字出てきますよね?でも、このルール守ってる人ほとんどいないと思います。

別に何時間ゲームやってもそんなに疲れないし、遊べます。2時間3時間は当たり前、下手したら1日中ゲームやってる人もいるかもしれません。

でも、VRは素直にいう事を聞いた方が良いかも。

目に与える負担を考えたら1時間遊んだら15分くらいきちんと休憩した方がいいです。

幸い現状のコンテンツで何時間もぶっ続けで遊ぶようなゲームは少なく、ほとんどが10分~20分程度で遊べるカジュアルゲームばかりですから安心ですけどね。

今の所はVRで遊ぶなら1時間ルールはきちっと設けておいた方が良いですね。

僕の場合はPCモニターやらスマホとか複合的な原因が重なって起きた眼精疲労ですけど、VRやってるときの疲労は段違いですから皆さんも気を付けて下さいね。

ブルーライト対策用ディスプレイ【Bio Blue】って知ってる?

スマホVRに限っての話ですが最近ではSamsungが「Bio Blue」と呼ばれるブルーライトをカットする新型ディスプレイを開発中です。

samsung bio blue

引用:uploadvr.com

通常のAMOLEDディスプレイで32%程度あるブルーライトを5分の1(約6%)にまでカットした最新ディスプレイです。

製品化されれば目に優しいディスプレイの誕生ですね。ただしこの「6%」のブルーライトってのが目にどれくらい影響を与えるかはしっかり調べておきたい所です。

ちなみに個人で出来るブルーライト対策として有名なものにブルーライトカットのメガネなんかもありますので、最近目が疲れてきたなぁという人は購入してみて下さい。

そのうちブルーライトをカットするVRヘッドセット用レンズなんかも登場してくると思うのでそこらへんの情報も追っていきたいですな。

いやぁ、しかし今回は反省しました。皆さん、目は大事に使いましょうね。

スポンサーリンク