アダルトVRが性犯罪を助長するかどうかって話。いっそVRを性教育に使ったら?

スポンサーリンク

Livedoorニュースに『「アダルトVR」が大ヒット!生々しい疑似性体験が性犯罪を助長する?』という記事がありました。

読んでない人に内容をざっくり説明すると、アダルトVRを体験した記者が年々過激になっているAV業界の性描写に対してやんわりモノ申している記事です。

 

こういう類の話って新しいメディアが出てくる度に聞くので聞き飽きた感もあるんだけど、これに対して僕なりに考えた意見を書きます。

アダルトVRは性犯罪を助長するのか

アダルトVRは今まで以上の生々しい疑似体験が可能ですが、現実と虚構の区別がつかなくなるほどのものかというと「それは無い」と即答出来ます

 

少なくとも「現実の女性とVR内の女性に区別がつかなくなる」可能性があるのは、漫画「ルサンチマン」のように、触覚のフィードバックやVR内の相手と自然な会話が出来るようになってからじゃないのかな、と。

まだまだ現実には遠く及ばないよVRは。

なので現段階で(今のAVでもそうだけど)現実と虚構の区別がつかなくなる人は元々そういう素質がある人だとか、理性をコントロールできない不健全な精神の持ち主だと考える方が僕としてはしっくりきます。

暴力的な映像でも、それをエンターテインメントとして楽しむ事で自分の欲求を解消する人が大多数だと思いますし、実際に事件を起こしてしまう人は稀ですよね。

つまり性犯罪を助長するのかどうかという問いに関しては「多くの人にとっては無害だけれど、中には悪い影響を与えてしまう人もいる」というのが答えだと僕は思う。

 

なんとも歯切れの悪い答えですが、イエス・ノーで簡単に答えられるような問題じゃなかったわコレ。

アダルトVRに規制は必要か?

同記事の中でこんな文章がありました。

「痴漢」「監禁」「レイプ」「輪姦」のような女性への暴力シーンを含み、犯罪をダイレクトに連想させるものもあります。また「女子校生」などという曖昧な語でごまかしていますが、明らかに未成年をイメージした作品も数えきれないほどリリースされています。アダルトVRにもこの手の作品が増えるのは時間の問題でしょう。現実世界では体験できないものほど、仮想現実で疑似体験する価値があります。

うーーん、コレは確かに不快感を感じる人もいるでしょうね。実際に僕も見ていて気分が悪くなるものもありますし。

でも例えば13歳以下を性愛対象としてみてしまうのは医学的には病気と診断されるそうです(ペドフィリア)が、今回指摘されているようなAVで欲求を解消している人も多いと聞きます。

そういう人たちはAVがなくなったらどうなるんだろう?AVがなくなったら未成年への性犯罪が増加するかと言えばそれは断言できないですけど、性犯罪の抑制につながっている部分もありそうだよね。

きちんと現実と区別がついてるならエンターテインメントとして楽しむ分には僕は気にしないでいいとは思うけど、何が良くて何が悪いってのは正直判断つかないw

「あれ?僕おかしいかな?」と思ったらすぐにお医者さんに行ってくれ

性教育のツールとしてVRを活用してみてはどうでしょう

アダルトVRが性犯罪を助長するってのは「あまりにVR映像がリアルで生々しいからだ」みたいな事がかいてありました。

それだったら逆にその生々しさを利用して、子供たちにしっかりとした性教育を施す事だってできそうじゃないですか?

VRを子供たちへの性教育のツールとして使うの。

数年前、小学生にどこまで性教育の授業を教えるかというのは国会でもいろいろと議論になってましたけど、性行為まで行かずとも、VRを使って子供に正しい異性との付き合い方やコミュニケーション方法を学ばせれば、性犯罪率下がりそうな気がしません?

性教育はまだ聞いたことないですけど、実際に教育や医療の現場でVRが活用されている事例は多いですし、リアルなシチュエーションを再現できるVRだからこそ出来る事があるんじゃないかなと思ってます。

ちょっと短絡的ですかね?w

最期に

アダルトVRが良いか悪いかは当人次第で、人によっては薬になるし、ある人によっては毒にもなる。

ブータンだかどこかの国ではAVや風俗がなくて性犯罪率が低いなんて話も聞いたことがあるけど、「AVやアダルトVRをなくせば性犯罪はなくなるよね!」って考えはちょっと極端すぎて怖いかな。

こういう人の方がよっぽど現実と虚構の区別がついてないよね

どんな未来が待ち受けているかは誰もわからないけど「VRで人の生活は豊かになる」のは間違いないし、新しい技術が出るたびに規制をしていったらイノベーションなんか生まれないですよね。

心配だから規制したいという気持ちもわかるんだけど、それと同じくらい大きな可能性が目の前にあるという事を忘れてほしくないですね

スポンサーリンク