MENU
⇒DMMの大人VR作品の無料動画一覧。詳細はコチラ

菊川怜のVRヘッドセット破壊未遂事件の宣伝効果は抜群?

2019 3/08
菊川怜のVRヘッドセット破壊未遂事件の宣伝効果は抜群?

2016年3月10日に放送された『とくダネ』にてメインMCの女性タレント菊川怜さんがVRヘッドセット『オキュラスリフト』をぶん投げ破壊したというニュースが取り上げられていました(実際には壊れていない様です)。

 

番組内で菊川怜さんは顔を固定するバンドを使用せずにHMDを使ってホラーVRコンテンツを体験し、突如映像内に現れたゾンビ?幽霊?に驚き思わずヘッドセットを放り投げてしまったのですが、

 

そりゃあバンド使わなかったらこうなるよwそれにVRのホラーコンテンツの怖さって本当尋常じゃないですからね。

関連:VRホラーゲームが怖すぎて『一刻も早くゲームを辞めたい』と思った

 

でも今回の一件が与えた宣伝効果って意外と大きいよね、きっと。

目次

多数のネタ系まとめメディアに掲載される

とくダネ vr

とくダネ ツイッターより

 

今回の騒動は多くのまとめメディアに取り上げられており、SNSでも『菊川怜』『VR』『破壊』とかで検索すればこれでもかってくらい同じニュースがたくさん出てきます。

 

それくらい菊川怜さんのリアクションがものすご勝ったわけですけど、なんだかんだ言ってこういうバイラルメディアの影響力ってまだまだ大きくて、

 

VRの宣伝に一役買ったんじゃないかな?少なくともVRホラーの怖さを全国の視聴者に知らしめた事件だと思います(笑)

 

先日お笑い芸人オードリーの春日俊彰さんが「耐久性に優れ、630万回以上の耐久テストに耐えた」とされるIKEAの「POÄNG(ポエング)アームチェア」に座って飛び跳ねた結果、商品を破壊するハプニングを引き起こした事が大きくメディアでも取り上げられていました。

 

普通商品を破壊したら大変な事になりそうですけど、実際はかなりIKEAの宣伝になったそうですよ。

[amazonjs asin=”B008QTUGWY” locale=”JP” title=”★POANG/アームチェア/バーチ材突き板/アルメ ナチュラルイケアIKEA(S89864546)”]

 

まぁ今回の菊川怜さんのVRヘッドセット破壊未遂事件が同じような効果を生み出すかどうかといえば答えはノーですけど、少なくともVRを知らない人がVRを知るきっかけにはなったんじゃないかな、と思います。

菊川怜さんのリアクションは大げさではない

菊川怜 vr

おそらく普通の人が番組内で菊川怜さんと同じVR体験をしたとすれば10人中8人は大声で叫び声をあげ、ホラーゲームが苦手な人がバンドをしていなければ反射的にVEヘッドセットを放り投げてしまうのはもはや必然です。

 

菊川さんは髪型が気になるのか、担当者から何も言われなかったのか着用してなかったみたいですけど(横にいた男性アナウンサーが着用を促さなかったとの報告もあり)皆さん、バンドは必ずしましょうね。

一言

というか、番組の企画かなにか知らないですけど、怖いの苦手な人にドッキリのようにVRホラーを見せようとする行為は完全に『いやがらせ』なので、心優しい人はぜひそんな事はしないであげてくださいね。

 

今回の一件で、VRホラーコンテンツの怖さは全国の視聴者の皆さまにも伝わって良かったなと思っています←(僕はVRホラーコンテンツが大の苦手)

私の利用しているVR動画サイト

日本国内ほぼ全てのVR動画サービスを利用した結果、作品数、クオリティの揃ったDMM(FANZA)を選んでおけば間違いありません。グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画がそろっているのも良いですね。

アダルトVR購入はリピート率が高く、ハマる人はとことんハマるので出費が気になる方はVRchをチェック!

購入商品名はバレないのでご安心を

DMM クレジットカード明細
クレカ明細(本物)

DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。 どんな商品を購入したかは本人にしかわからないので、安心して使えます。

VR動画を体験した事ない人は100%損をしているので、ぜひ一度VRの迫力に圧倒されてみてください

無料VR動画は今だけ?!

業界関係者の話では「これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していたが、当たり前になれば無料で出す意味が無くなるかもしれませんね。」との事。

現在も無料VR体験が出来る作品は多くはありません。「佐々波綾」さんや「倉多まお」さんといった大人気セクシー女優をVRで無料体験できるのは今だけかもしれませんのでお見逃しなく!

コメント

コメントする

目次