VRでのバーチャル配信に必要な機材&おすすめツール【VTuber】|あおぞらVR動画
バーチャル配信

VRでのバーチャル配信に必要な機材&おすすめツール【VTuber】

VRヘッドセットなどの専用機材を使ってバーチャル配信をする方法です。

VTuberには3Dモデルと動きをトラッキングする機能が必要です。VRヘッドセットには動きをトラッキング出来る機能がついているのでそれを活用出来るので非常に相性がいいです。

ただし、必要機材をそろえるハードルの高さや、場合によってはプログラミング知識も必要となるので個人でやるにはハードルは若干高くなります。

VR機材を使う場合は、スタンドアローン型でない限りVRヘッドセットを動かす為のハイスペックPCも必要になるので、ご注意ください

本記事では、HTC Vive(Pro)を推奨しています(理由は後述)

その他の方法でのバーチャル配信方法については以下をご覧ください。

スマホアプリバーチャル配信者になれるスマホアプリ【iPhone・Android】
PCパソコンでバーチャル配信する為に必要な機材&おすすめツール

カスタムオーダーメイド3D2

必要なものハイスペックPC、HTC Vive
費用9800円
難易度中くらい
キャラメイク機能あり
必要スペック(VR機器用)OS: Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-4590 相当かそれ以上
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060 相当かそれ以上

まずこのゲームは18禁のいわゆるエロゲーなのですが、かなり細かく(可愛く)キャラメイクすることができるので、絵が描けないVTuberになりたい人、3Dモデルが作れない人にとってはすごいありがたいツールとなっています

このゲーム内の「バーチャルアバタースタジオ」という機能で撮影や背景の変更もできブラウザまで見れる(生配信ができる)というような至れり尽くせりな内容ですね

手軽にクオリティの高い3DモデルでVTuberができるツールとしてはかなり良い選択肢の1つです

カスタムメイド3D2 公式ページへ

Vカツ

必要なものハイスペックPC、HTC Viveなど
費用無料
難易度簡単
必要スペックOS: Windows7 / 8.1 / 10 64bit
プロセッサー: Intel Core i5 4590以上
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GTX 970 / GTX 1060以上
またはAMD R9 290 以上
DirectX: Version 11
ストレージ: 1 GB 利用可能

誰でも簡単に無料でVチューバ―になれる3Dキャラクターメイキングサービスです。制作コストや専門知識を一切不要で動画やライブを世界に発信できます

公式動画を見たけどかなり自由度が高くて、キャラメイクとか数万通りじゃきかないくらい膨大です(顔のパーツだけでなく洋服の着せ替えも出来る)

手軽さで言えば頭一つ抜きんでたかっこうです。サービス自体は2018年8月1日公開予定です。

バーチャルキャスト

必要なものハイスペックPC、HTC Viveなど
費用無料
難易度普通
必要スペックOS: Windows 10, 64-bit バージョン
ネットワーク:下り5Mbps以上、上り15Mbps以上

ニコニコ生放送でおなじみ株式会社ドワンゴのバーチャルキャストは、VR空間にスタジオを作り、視聴者とコミュニケーションをとれるアプリです

生放送やコメントによるコール&レスポンス、そして凸機能など完全にニコ生のVRバージョンという印象。

バーチャルキャスト公式ページへ

Unity(ユニティ)

必要なものハイスペックPC、HTC Viveなど
費用無料(Final IK:90ドル)
難易度高め
必要スペック(VR機器用)OS: Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-4590 相当かそれ以上
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060 相当かそれ以上

VTuberになる為の3Dモデルを作成する為のエディターであるUnityとHTC Viveに搭載しているモーションキャプチャを使う方法です

Oculus RiftやWindowsMRでも可能ですが、トラッキング部位を追加できるHTCViveの方がおすすめ(別途Viveトラッカーの購入が必要)

Unityのアセットストアの『Final IK(90ドル)』を使用している方が多いです

FinalIKに比べると機能は制限されていますがXR mecanism IK Pkusという無料のリンクもあるのでお金をかけたくないって人はそちらをどうぞ

Unity 公式ページへ

PERCEPTION NEURON(パーセプションニューロン)

必要なものハイスペックPC
費用約20万円
難易度高め

ここまで書いた様々なVTuberの他にも企業勢Youtuber「ミライアカリ 」「キズナアイ」などは、主にUnityと呼ばれるエディターを使って、PERCEPTION NEURONという高価なトラッキングツールを使って動画を配信しています

難易度的には他と比べると高めですが、アバターの動きを全身で表現できるようになります

VR機材を使うと書きましたが、PERCEPTION NEURONでモーションキャプチャ可能なのでViveは必須ではありません

1人でやっていくにはかなり厳しいと思いますのでチームでVTuberになろうと考えている人はぜひ検討してみてください

PERCEPTION NEURON公式ページへ

VRoid Studio(ブイロイドスタジオ)

VRoids Stugioは人型アバターの3Dモデルを作成できるアプリケーションです。

アバター作りが簡単に出来るなんてすごい!

2018年7月末にオープンベータ版を予定しているので詳細はまだ不明ですので、内容が判明し次第詳細を追記いたします。

先行クローズドベータの提供も予定しているので興味があるかたは、下記リンクより利用応募フォームに登録してみてください。

VRoid Studio 公式ページ

音声の録音にはマイクを使おう

配信の際はマイクを使った方が綺麗に音声が録音できます。マイク使った方がプロっぽくて気合がはいるので準備しましょう。

ゲーム実況者に人気のあるマイクはコチラ↓

でも、どうせマイク買うなら雑音が入りにくくなるポップブロッカー付きのこっちの製品の方がおすすめ。

ポップブロッカーはマイクの前にあるアミアミのメッシュ金魚すくいみたいなやつね。なんかプロっぽくてかっこいい(笑)

配信中の撮影で結構動き回るようなタイプの配信者ならヘッドセットタイプのマイクの方が音を拾いやすいかもしれません。

ゲーム実況するならキャプチャボードも忘れずに!

フリートークのみで配信していくだけならいいんですが、もしあなたがVtuberになってゲーム配信をする予定ならゲーム画面録画用のキャプチャボードも用意しておきましょう。

「きゃぷちゃぼーど?なにそれ?」とか「そういうの選び方よくわかんない」って人はゲーム実況者御用達のAverMediaの製品選んでおけばとりあえず間違いないと思います。

ちなみにこれおすすめです↓

コンパクト且つ高画質な録画が可能。めちゃ便利です。

僕が利用しているVRサイト

僕が利用しているVR動画サイトはDMMです。


DMM VR公式サイトを見てみる(R-18)

今まで取材の為に国内外沢山のVR動画サービスを利用してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

サービス開始から日は浅いですが、初年度で20億円以上売り上げ今なお絶大な人気があるのも納得!グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます。

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人や日本人の動画が見たいって人には微妙だし、トラブルがあった時に迅速に対応できないのはビビりの僕にとっては怖いのでDMMを推してます。

無料体験動画は今だけ?!


これまで認知度の無かったVR動画を拡大するために無料体験動画を出していますが、VRが当たり前になれば無料で出す意味が無くなる、という話があるらしいです。

元々VR動画がリリースされた頃はサンプル動画なんてほとんどなかったので、この可能性は充分ありえます

VRの無料動画一覧を見てみる(R-18)

購入商品名はバレません!

クレジットカード決済すると商品名がバレたりしない?と不安な方も多いと思いますが、DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。証拠がコチラです

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

これでどんな商品を購入したかは本人以外にはわからなくなります。安心して使えますね!

ちなみにDMMの無料会員登録方法や使い方がわからないという方は下記の記事で詳しく解説しているのでご覧ください!

DMMVR(FANZA)の使い方へ

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度騙された事でしょう…。

最近は映像のクオリティも高くなってきたのでそこまで警戒をする必要はありませんが、粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

 

僕はこの3つを確認し、複数高評価のレビューがあるようなら購入を検討する事にしています。

『自分の好きな演者だから』とかパッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んでから購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選びましょう!

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画に必要な機材まとめ【アダルト含む】

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。