個人がバーチャルYoutuberになる方法はこの4つ!やり方と費用感まとめ|あおぞらVR動画
バーチャル配信

個人がバーチャルYoutuberになる方法はこの4つ!やり方と費用感まとめ

11/22までの限定セール!

30%割引&VRプレゼント企画も!
DMM特別セール会場はコチラ!

本記事では

あおたろう
あおたろう
「Vtuberになるにはどんな方法があるの?」
「スマホだけでなれる?」

「費用(お金)はどれくらいかかるの?」
「プログラミング知識は必須なの?!」

といった疑問にわかりやすく答えています。個人または法人でVtuber活動をしようと考えている方はぜひ参考にしてください

VTuberになる為に必要な機材

VTuber(バーチャルアイドル)にはモデル(キャラクター)と、表情や動きを認識するための最低限のモーションキャプチャ機能が必要です。

  • 2D(または3D)モデル
  • モーションキャプチャ

基本的にはこの二つさえあればだれでもVTuberになれます。意外と簡単でしょ?

で、Vtuberになるには大きく分けて4つの方法があります。それは、

①スマホアプリを使う
②PCソフトを使う
③VR専用機材を使う
④Vtuberオーディションに合格する

という方法です。

一つ一つ説明していきます。

スマホアプリを使う

必要なものスマホ
費用スマホがあればほぼ無料

まず最も簡単かつお手軽なApp StoreやGoogle Playのアプリを使ってVTuberになる方法。アプリさえインストールすれば誰でも簡単にVtuberになれます。

スマホアプリの特徴は以下の通り

・自分のスマホを使えばいいだけなのでお金がかからない
・基本アプリのインストールだけで誰でも簡単に使える
・プログラミングなどの知識が不要で初心者も安心
・使用に制限があるアプリもある(課金要素も)

自分の持っているスマホ端末を使えば費用もかからないし、プログラミングなどの特別な知識も必要ありません。

ただし、アプリによって配信やアバターカスタマイズに制限があったり、アプリの中には対応機種が限られるものもある(iPhoneXとか)ので注意は必要です。

おすすめVTuberなりきりアプリ【ミラティブ】


Mirrativ(ミラティブ)はバーチャルアバターを使ってスマホ一台で簡単にゲーム実況配信ができるスマホアプリです。勿論配信をせずにライブを視聴するだけでもOK

非常に使いやすいのでVTuber配信に興味がある方はぜひチェックしてみてください

Mirrativ(ミラティブ)

Mirrativ(ミラティブ)

Mirrativ, Inc.無料posted withアプリーチ

 

アバター配信系アプリが続々登場

他にもホロライブ、Facerig(フェイスリグ)、パぺ文字、Memoji(ミーモジ)、Iriam(イリアム)など様々なアプリがリリースされています

たぶんこういったアバター配信系のアプリはこれから人気に火がついてめちゃくちゃ増えていくと思います

『スマホでVtuberになってみようかなぁ?』と興味を持った方は、以下の記事でおすすめのバーチャル配信アプリを紹介しているのでそちらも併せてご覧ください

バーチャル配信者になれるおすすめスマホアプリ【iPhone・Android】

パソコンを使う

必要なものWebカメラ付きPC、音声用マイクなど
費用PCがあれば数千円~1万円程度

次はPCについているWebカメラを使ってVtuberになる方法です

スマホ版より必要なものや難易度は少し上がりますが、アバターの自由度やクオリティは一段階レベルアップします

・アバターの自由度高め
・クオリティも高い
・お金はスマホ版と比べると少しかかる

とは言っても必要なツールさえ購入してしまえば特別なプログラミング知識は必要としないのである程度PCが扱える人ならさほど敷居は高くないと思います。

二次元のVtuberではFacerigが圧倒的な人気ですが、個人制作ツールの「Hitogata」、「FaceVTuber」なんかも使い勝手が良くて便利です。

以下の記事でPCを使ったバーチャル配信に必要な物やおすすめのツールについて紹介しているので興味があればぜひご覧ください。

パソコンでバーチャル配信する為に必要な機材&おすすめツール紹介

VR専用機材を使う

必要なものハイスペックPC、VRヘッドセットなどの専用機材
費用20万円~

次はVRヘッドセットなどの専用機材を使った高度なVTuberのなり方です

VTuberには3Dモデルと動きをトラッキングする機能が必要です。VRヘッドセットには動きをトラッキング出来る機能がついているのでそれを活用するわけです

・必要機材をそろえるハードルは高い
・場合によってはプログラミング知識も必要となる
・カスタマイズの自由度が高い
・トラッカーがあれば全身動かせる

VR機材を使うと書きましたが、スタンドアローン型でない限りVRヘッドセットを動かす為のハイスペックPCも必要になるので、ご注意ください。

VR機材に関してですが、個人的にはHTC Vive(またはPro)を推奨しています。Oculus Riftでもいいんですけど、Viveトラッカーを使えばトラッキング部位を追加して全身動かせるアバターが作れるのでViveの方がおすすめです。

本来18禁のゲームである「カスタムオーダーメイド3D2」を使い簡単にVTuberになれる方法もあります。

PCはどのくらいの性能が必要か、おすすめのツールは?といった疑問には以下の記事でおこたえしているのでどうぞご覧ください。

VRでのバーチャル配信に必要な機材&おすすめツール

VTuberオーディションを受ける

最後は企業が主催しているVTuberオーディションに合格してVTuberになる方法です

正直企業に縛られるという形になると思うので個人的にはあまり好きではありませんが、手厚いサポートを受けられるのは魅力的ですね

  • 企業のサポートを受けられる
  • 倍率はかなり高め?!
  • キャラクターのデザインがしっかりしてる
  • マネジメント契約によっては結構縛られる?

倍率はかなり高いと思われますが、バーチャルユーチューバーになりたいけど、機材を準備する技術やお金がない。でもトーク力や声には自信がある!という人におすすめです

応募条件や詳細はVtuberを抱えている企業のHPから確認できます。にじさんじ、ZIG、mikai、カバー株式会社あたりで検索してみてください

まとめ

今話題のバーチャルユーチューバー(VTuber)の数はこの記事執筆時点で3000人を突破し、今もなお増え続けています。日々色んなVTuberがでてきてVTuberになるためのツールも今後たくさんでてくると思います

ですが、どのツールを使っても魂は変わりません

ぜひ、気軽にデビューしてみてください。

コアなVTuberファンがきっとあなたのことを応援してくれることでしょう

このページを見て少しでもヒントを見つけられたら幸いです

僕はあなたのVTuberデビューを待ってます!

 

よく読まれている関連記事

人気動画1本あたり1円以下!?→定額見放題!話題のVRchを紹介!

人気VR動画って何が必要?→VR動画視聴に必要な機材まとめ

人気DMMのVR動画が見たい!→初心者向け!スマホでVR動画を見る手順

私の利用しているVRサイト


DMM公式サイトへ

今まで国内外沢山のVR動画サービスを取材してきましたが、品揃え、サポート対応、大手の安心感、どれをとってもDMMが圧倒的に優秀です

グラビアやアダルトだけでなくお笑い、自然、ホラーなど豊富なジャンルのVR動画が選べます

海外にもいいサイトはありますが、英語が苦手な人はトラブルがあった時に不便なのでDMMが無難です

購入商品名はバレません!

DMMは有料商品を購入してもクレカ明細に商品名が掲載される事はありません。

DMM クレジットカード明細クレカ明細(本物)

どんな商品を購入したかは本人以外にはわからないので安心して使えます!

良いVR作品の見つけ方

VRはその特種な撮影方法から『演者が大きすぎる(or小さすぎる)』『焦点が合わない』という作品も多くあります。僕も何度も騙されました。

粗悪な商品を購入してがっかりするのが嫌なら購入前に感想レビューを一読する事をおすすめします!

その際は以下の3点を重点的に見てください

  1. レビューの星の数が3.5以上あるか
  2. 購入者かどうか
  3. 参考になった人の人数が多いかどうか

パッケージだけ見て買うと後悔する事もあるので必ずレビューを読んで購入を検討するようにしてください

僕からのアドバイスはここまでです。まずは下記の公式サイトから自分の好きなVR作品を選んで見てくださいね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。